五輪の切符をつかむマラソン選手の共通点 有森裕子

日経Gooday

「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(東京五輪マラソン日本代表選考会)。20km付近で後続を引き離す前田穂南選手(手前左)と鈴木亜由子選手(同右)(代表撮影=共同)
「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(東京五輪マラソン日本代表選考会)。20km付近で後続を引き離す前田穂南選手(手前左)と鈴木亜由子選手(同右)(代表撮影=共同)

大きな物議を醸した2020年東京五輪のマラソンと競歩競技は、東京の暑さを回避するために北海道札幌市で開催されることで決着しました(「有森裕子 五輪マラソン札幌移転、遅すぎる本気の議論」)。しかし、急な移転決定のため、日程やコースなどをめぐって国際オリンピック委員会(IOC)や、陸上競技を統括するワールドアスレティックス(世界陸連)との協議が難航し、準備が思うように進んでいないようです。関係者の皆さんのご苦労は計り知れないものがありますが、関係各所とのコミュニケーションをしっかり取りながら、選手たちが実力を発揮できるレースの開催を目指していただけるよう願うばかりです。

一方、2019年9月15日に開催された「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(東京五輪マラソン日本代表選考会)で五輪代表に決まった男女上位各2人の選手は、札幌で開催されるレースに向け、既に気持ちを切り替えてトレーニングに励んでいることと思います。既に切符を獲得している選手は、そのアドバンテージを生かして、しっかり対策を練って準備していただきたいと思います。

自分のペースを守り抜くために必要なこと

さて、今回はいよいよ2020年開幕となる東京五輪の代表切符をつかんだ女子選手の強みや、残り1枠を狙うために必要なことについてお話ししたいと思います。

MGC の女子のレースは、私もNHKの中継で解説をさせていただきましたが、参加条件を満たした15人のうち、実際に走ったのは10人という前例のない少人数でした。選手の数が少なく、ペースメーカー[注1]もいないという特異な状況下で、ペース配分や勝負の仕掛けどころなどの判断をすべて自分でしなければいけない、とても難しいレースだったと思います。

そんな難しいレースで、見事2時間25分15秒で優勝して代表の座をつかみ取ったのは、前田穂南選手(天満屋)でした。彼女の勝因は、ずばり「自分のペースを守り抜いたこと」でしょう。周りに誰がいようが何人いようが、彼女には関係ないように思えました。

レース前の記者会見で、前田選手は「周りに惑わされないで自分(の判断)で行きたいと思います」と発言し、天満屋の武冨豊監督も「自分が行けると思ったら行けばいい」という指示をしていたようです。実際にレースを見ていても、集団のペースに翻弄されず、集団から少し横に離れて走っているように感じました。レースの入りは一山麻緒選手(ワコール)に引っ張ってもらっていたものの、8.3km過ぎで冷静に判断して自然と前に出て首位に立ち、20kmからは独走状態になりましたが、走りのリズムをさほど落とさずに淡々と歩を進めているように見えました。

東京五輪の切符がかかったあの舞台で、自分のペースを崩さず、冷静に判断できたことは評価すべき点です。自分のペースを守り、判断に迷いがないというのは、「人は人、自分は自分」と考えられる性格面も大きいのでしょうが、「これまでの練習やレースでの経験を信じ切ることができている」からではないかと私は思います。こういう選手は、周りの選手にとっては脅威でしかありません。東京よりは涼しいとされる札幌で開催される東京五輪の戦いは、従来の想定よりもハイペースになることが予想されます。そんな中でも彼女のブレのなさは強みになるはずです。

開催地が突然の決定で札幌に変わったことも、前田選手にとっては何の影響もないでしょう。前田選手は2017年8月に札幌で開催された北海道マラソンで、冷静な判断で逆転優勝(2時間28分48秒)した成功体験があります。彼女にとっては、開催地変更はむしろ有利に働くかもしれません。

紙一重の運命を分けるのは「自分を信じ切る強さ」

2位の鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)は、スタート前は非常に緊張していたものの、しっかり実力を発揮して2時間29分02秒というタイムで結果を残しました。さまざまな彼女のインタビューを聞いていても、自分をしっかり分析し、説明できる頭の良さを感じます。その判断力で五輪本番も、大きく崩れる可能性は少ないのではないかと思います。

[注1]あらかじめ設定されたペースで指定された距離まで走り、先頭集団を引っ張る役目を果たすランナーのこと。

注目記事
次のページ
「残り1枠」私が注目している選手は…
今こそ始める学び特集