powered by 大人のレストランガイド

スプーンすしつまみに日本酒飲み放題 外国人客も常連世界で急増!日本酒LOVE(16)

スプーンに盛られたバラエティー豊かな創作すし
スプーンに盛られたバラエティー豊かな創作すし

スプーンにシャリ、その上にサーモンやイクラなどの複数のすしネタや薬味を盛る。美しいスプーンすしで話題なのが、東京・八丁堀の「HAMAMORI」(はまもり)だ。一風変わったスプーンサイズの創作すしをつまみに、日本酒を飲み放題で楽しめる居酒屋だ。

午後4時30分からディナー営業し、日本酒約100種類をメインに、焼酎30種、ウイスキー10種などが飲み放題。1人30分1000円(価格は税抜き、以後同じ)でサッと飲んでいく客もいれば、120分(2500円)でたっぷり堪能していく酒好きな常連客も。客のほとんどがリピーターで、中には在日外国人の常連客もいる。客の2割を外国人客が占める。

「ディズニーランド観光や銀座で買い物のために、八丁堀かいわいのホテルに宿泊している外国人のお客様が多く、駅からも近いのでふらりと立ち寄られます」とオーナーの浜盛富隆さん。ドイツやフランスなど欧州各国と、アジア各国からの客が特に多いという。

浜盛さん自身、米国で働いていたこともあるので、英語で接客ができる。他に日本語学校に通う米国人スタッフや、ベトナム人の女性スタッフも勤務する。外国人スタッフが増えたら、外国人客も増えたのだという。

フランスからの来店客と浜盛さん(右奥)

日本人客の平均単価は約3500円だが、外国人客は約5000円と高め。日本酒だけでなく、スプーンすしなど料理も多く注文するからだ。スプーンすしは22種類あり、見た目のかわいらしさだけでなく、しょうゆを付けない独自の味わいも好評の理由だ。

例えば「カンパチ+穴子」(500円)はしょうゆ・オイスターソース・ゴマ油に海老ミソを加えた特製のクラシックソースをかけて提供。そのままスプーンごと一口で食べたり、箸で少しずつつまんだりして酒と味わう。しょうゆ代わりになるオリジナルソースが8種類あり、それぞれのすしネタに合わせてベストなソースをかけて提供しているのだ。

特に外国人に人気なのは、オリジナル(バナナやマンゴーを使ったフルーツ風味のピリ辛味)、スパイシーマヨネーズ、わさびマヨネーズ、ゆずポン酢のソースなど。「日本酒とスプーンすしだけを注文されるベジタリアンのお客様もいらっしゃいますが、しょうゆを付ける普通のすしとは違い、色々な味わいが楽しめるから全然飽きない、と喜ばれます」と浜盛さん。

他にイカの塩辛のような定番のおつまみ、サラダ、煮物などはもちろん、ハワイ料理として知られるポキやタコライス、「牛サーロインステーキ」(1500円)などもラインアップ。飲み放題以外のボトルワインもあり、高級ワインとして知られる「オーパス・ワン」(5万2000円)まで用意している。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト