黒スーツ着ない自分色就活 企業も見たい本当のあなた

2019/11/24

自分らしい服装で就活しながら、希望する企業に就職したという女子学生が最近、目立ち始めた。企業の側にも「学生のひととなりが見えやすくていい」と、自由な服装を歓迎する動きがある。一般的な黒ずくめの就活スーツ姿で個性を隠すのではなく、思い思いのカラフルな格好で就活を実践した大学生や新卒社会人に話を聞いた。

自分らしい赤のニット 面接官と打ち解けられた

「私の勝負服は赤なんです」

慶応義塾大学4年の開菜々子さんは、自分の一番のお気に入りの赤いニットに黒のパンツで就職面接に挑んだ。開さんにとっていわゆる就活スーツは「よろい」にしか見えなかった。「面接は自分自身を見せる場なのに、がちがちのスーツを着込んでいったら作り物の自分で勝負することになりそうだと思ったんですよね」

慶應義塾大学4年の開菜々子さん(撮影=知るカフェ慶應義塾大学前店)

勝負服の赤いニットはところどころに穴が開いたデザインだ。それを見た面接官から「あれ? 穴あいちゃったの?」と聞かれることもあったが、「逆に打ち解けるチャンスになりましたし、そこから会話が弾んで私を知ってもらえました」と振り返る。開さんは、服装に縛られない企業を選んで就活し、自然体で人材関連のベンチャー企業への内定を勝ち取った。

足首からのぞく赤いミサンガと、ミャンマーの文字が書かれた布バッグ。「これ、就職面接にも持っていったんです。かわいくないですか?」と話すのは、この春にIT大手に就職したばかりの柳原杏さんだ。

ミャンマーの山岳民族が住む地域でボランティア活動に参加したことが将来の進路決めにつながった柳原さんは、自らの思いをミャンマー文字のバッグと共に訴えて採用された。「自由な服装と持ち物で自分を見てもらえた方がいいですよね」

カジュアル寄りだけれどもきちんと見える自分なりの「就活ルック」で内定を勝ち取ったという、明治大学4年の横田莉奈さん。複数社受けたが、スーツを着て臨んだのは、1社だけだった。そのうちの1つの広告関連の企業に内定を得た。お金をかけ過ぎずに、楽しみながら就活用の服装を組み立てて行ったという。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ