眼前に「新」国立競技場 神宮プール跡地にホテル開業

スーペリアコーナーツインの部屋から。新国立競技場が目の前に望める
スーペリアコーナーツインの部屋から。新国立競技場が目の前に望める

2019年11月22日、東京・千駄ヶ谷の新国立競技場前に、「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア(以降、神宮外苑の杜プレミア)」(地上13階建て、客室全362室)が開業した。三井ガーデンホテルの上級クラス、プレミアシリーズとしては全国5軒目、都内では3軒目の開業となる。

場所は、新国立競技場の目の前(徒歩1分)、都営大江戸線国立競技場駅から徒歩1分、JR千駄ケ谷駅、信濃町駅からそれぞれ徒歩5分程度とアクセスが良い。この場所は、明治神宮外苑水泳場、通称「神宮プール」の跡地(02年閉鎖)。かつて多くの人でにぎわい、国際大会も行われた神宮プールの面影は、2階にある大浴場の壁面アートとして再現されているのが興味深い。

木調をベースとしたデザインの外観
大浴場に入ると、神宮プールの写真をタイルに転写したアートが目に入る

建物の外観は木を使用、各客室のバルコニーにも天然木材が使われるなど、目の前の新国立競技場と対をなすようなデザインだ。「半径2キロ圏内に大規模な緑が点在し、四方に開けた土地です。外観は木を使用、バルコニーには天然のスギ材を採用し、新国立競技場を意識した仕様にしました」(三井不動産 ホテル・リゾート本部ホテル事業部小田祐部長)。

面白いのは、建物全体が弧を描くように四辺の中心がへこんでいる形状になっていることだ。「当ホテルは、新国立競技場の中心から約202.0メートルの位置にあります。1964年に東京オリンピックが開催されてから56年の月日を経て、新しい国立競技場が建ち、2020年には再び東京オリンピックが開催されるということにかけて、また周囲の景観に溶け込むように、半径202.0メートルの円を描いた弧を表す外観を設計しています」(小田部長)。

建物の四辺の中心が弧を描くようにへこんだ形状

ホテルがターゲットと考えているのは、このエリアに点在するスポーツ施設を利用する国内外の関係者やアスリート、観戦に訪れる人々をはじめ、周囲には慶応大学病院、大学や医療施設も近いことから、学会参加者や病院利用者など。そのために、ミニキッチン付きの部屋もあり、長期滞在プランも用意している。

MONO TRENDY連載記事一覧