棒1本で収納が無限に 社長の自宅は「つっぱり御殿」

日経ウーマン

突っ張り棒メーカー平安伸銅工業社長の「つっぱり御殿」
突っ張り棒メーカー平安伸銅工業社長の「つっぱり御殿」
日経ウーマン

収納家具を新たに買い足さなくても、棒1本で収納空間は無限に増やせます。通称「つっぱり棒博士」の竹内香予子さんに、突っ張り棒の活用アイデアを教わりましょう。

◇  ◇  ◇

突っ張り棒メーカー平安伸銅工業の社長・竹内香予子さんの自宅に収納家具はほとんどない。代わりに、大小さまざまな突っ張り棒で、機能的かつおしゃれな空間をつくり上げている。約150本の棒で突っ張る「つっぱり御殿」だ。

「突っ張り棒は落ちる……」という心配もあるが、「それは付け方と商品選びが間違っているから。きちんとバネを縮ませて取りつけるだけで、強度が変わります」と竹内さんは語る。

また、軽いものや細かく仕切るには100円均一の品でも問題ないが、「強度が必要な場所には少し値段が上がっても耐荷重の大きい商品を選ぶと、活用の幅が広がります」

【キッチン】

コンロ下の引き出しの上部空間を無駄なく活用。突っ張り棚を渡して、鍋の蓋の定位置に。さっと取り出せる。

引き出しにブックエンドを耐震パッドで固定し、鍋立てに。横に渡した突っ張り棒で、手前への転がりを防ぐ。

ロール式ペーパーの穴に棒を通して、引き出し内に突っ張れば、即席ホルダーに。汚れがつきにくいのもOK。

【洗面室・トイレ】

洗面台の下に2本の突っ張り棒を渡し、かごの縁を引っかけて、タオルやポーチの置き場を作った。天井と床を突っ張る縦の棒(平安伸銅工業のドローアライン)には、専用のトレーやフックを追加。

アクセサリーなどは専用のフックにS字フックを掛け、つるして収納。絡まず、探しやすい。

浴室扉のタオル掛けを増設。壁を傷つけないシールフックに突っ張り棒を渡せば完成。

タンクと壁を棒や棚で突っ張り、掃除道具置き場に。天井付近にはトイレットペーパー置き場とそれを隠すカーテンポールも棒1本で。