深川麻衣 感謝伝えたい、卒業記念にもらった絵

ドラマ『まだ結婚できない男』に出演中の深川麻衣さん
ドラマ『まだ結婚できない男』に出演中の深川麻衣さん

乃木坂46を卒業して3年。着実に女優としての存在感を高め、今秋はドラマ『まだ結婚できない男』に出演中の深川麻衣さん。「イラストレーターに憧れていた」という彼女が大切にしている絵や、愛してやまない文房具の魅力などを語ってくれた。

世界に1つだけの絵をインテリアに

「私がずっと大切にしているモノは、高校3年生のときに、先生からいただいた絵です。子どもの頃から絵を描くことが好きで、中学は美術部、高校は芸術科に進学したんです。そこではデザインを専攻していたのですが、卒業するときに担任の先生がクラスの一人ひとりにプレゼントしてくれたのが、絵でした。白地にオレンジの長方形が描かれていて、周りに3つの丸い模様が描かれている、抽象的ですてきな絵。もらったときは、クラスに生徒が37人いたので、コピーしたり、まとめて作ったりしたものかと思ったんですけど、裏を見たら絵の具がはみ出した跡があって、全員の絵柄が違うんです。本当に一人ひとりに絵を描いてくれたんだとわかって、すごくうれしかったです。

その絵をずっと大事にしまっていたんですけど、それじゃもったいないなと思って、あるとき、額装屋さんに持っていったんです。そこで額縁の太さや余白を決めて額装してもらって、今は部屋のインテリアにしていて。その絵を見ると、高校時代のことを思い出します。もしまた先生に会えたら、『大切に飾っていますよ』と伝えたいです」

もしまた先生に会えたら、「大切に飾っていますよ」と伝えたいです

今も絵を描くことが好きで、「イラスト旅」なるウェブ連載も行う。

「高校生のときはアクリル絵の具がメインだったんですけど、今はコピック(カラーマーカー)や水彩絵の具、水彩色鉛筆をよく使っています。画材は自分でお店に買いに行きます。子どものころから文房具屋さんが大好きで、近くを通ると入ってしまいます。東急ハンズやロフトに行くと、ついスケッチブックを買ってしまって(笑)。

最近は水彩鉛筆を見つけて買いました。水で溶いてにじませるもので、同じ黒でも濃さが違うものが何本かセットになっているんです。お店で試し描きしたら、それが楽しくて。

あと最近買ったのは、ダイモテープライター。テープにアルファベットを印字できる道具で、自分のノートに『MAI』と書いて貼ったり、砂糖の容器に『SUGAR』と書いて貼ったり。見たことがないモノを見ると、興味をそそられて買ってしまいます。

水彩鉛筆も最近のお気に入り
深川さんの使っているダイモテープライター

文房具の魅力は、どんどん進化して、新しいものが出てくるところ。例えば、昔ながらの万年筆でも、インクが進化してカラフルになったり、書き味の違うものがあったりするんです。万年筆自体もコンパクトなものも出て、気軽に持てるものが増えてきている。そういうふうに進化して、便利になっているところが好き。だからどれだけ文房具屋さんに行っても、飽きることがないのかなと思います」

MONO TRENDY連載記事一覧