高専発スタートアップはクラウド型 全国に卒業生の輪高専に任せろ!

ヘマタイトがソフトウエアを提供した高専生向けのセキュリティーコンテスト
ヘマタイトがソフトウエアを提供した高専生向けのセキュリティーコンテスト

高等専門学校(高専)が輩出しているのは専門性の高い技術者だけではない。身の回りの社会課題を探し出して解決する、その経験や行動力が起業に結びつくケースも増えてきた。今回の「高専に任せろ!2019」は高専出身者によるスタートアップ企業編だ。高専らしい独自の視点や人脈を強みに、飛躍を狙うきら星を追う。

迷彩服を着た自衛官たちがかじりつくのは武器ではなくキーボード。ネットワークの向こうでは米軍チームが対峙している。会場のモニターでは日米両チームのスコアが可視化され、幾何学模様のように並ぶ――。

これは情報セキュリティー技術を競う競技大会「CTF」(キャプチャー・ザ・フラッグ)の一場面だ。多くはチームごとに競い、隠された答え(フラッグ)をセキュリティーのスキルを駆使して探し出す。サイバー防衛の実践的技能を磨くトレーニングとしても注目度が高い。運営には大手通信会社などが関わり、国内外で同様のイベントが開かれている。

ただ競技大会として成立させるには、各チームの状況をリアルタイムで集計し、ポイントを可視化するなど「舞台装置」が必要となる。CTF運営を支えるシステムを手掛ける企業のひとつが、ソフトウエアやシステム開発のスタートアップ、ヘマタイト(東京・品川)だ。

同社が開発した「CTFKit」と呼ばれる支援ツールは、CTFの大会向けに参加者の得点を集計するサーバーと、結果を可視化するサーバーを組み合わせた日本初の製品。大会開催の手間を大幅に圧縮できる。これまでに東京大学大学院情報学環などへの納入実績がある。

高専出身者が集うスタートアップ

スタートアップの集積地として知られる東京・五反田。ヘマタイトのオフィスは雑居ビルの4階にある。

23人いる社員の9割が高専出身者だ。出身校はバラバラで全国各地にまたがる。昔風にいえば高専出身者が集う「梁山泊」。今風に表現するなら、高専出身者がネットワークでしなやかにつながった「クラウド高専」とも言うべき、独特の組織を形成している。

8月の夕刻にオフィスを訪れた。マンションの一室のようなリラックスした雰囲気だ。デスクにはPCモニターがずらりと並び、部屋の隅に社長の茨木隆彰さん(29)が陣取っていた。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ