これぞ昭和の下町もんじゃ インスタ映えはしません立川談笑

下町の「駄菓子屋もんじゃ」文化に、個人的な好みを盛り込んだ談笑流もんじゃ(本人提供)
下町の「駄菓子屋もんじゃ」文化に、個人的な好みを盛り込んだ談笑流もんじゃ(本人提供)

今どきの日本では、食文化が加速度を上げてメキメキと進化している気がしておるのですよ。「和食」が世界遺産に認定されその伝統に注目が集まる。その一方で世界各国の民族料理が主張を強めてくる。間隙を縫って、各国すべてのいいとこどりを目指す無国籍料理が様々な工夫を凝らして切りこんでくる。世界中で誰も知らなかった新しい美食の世界が広がりつつあるのが、この日本です。

身近なところでは、キャラ弁に代表される「BENTO」文化もこの数年でずいぶん進化しましたよね。BENTO文化が弁当箱と一緒に海外にまで進出しているのは、みなさんご承知の通り。ほかには、スイーツ関連もコンビニ弁当もすごいし、ラーメン業界の華々しさったらどうですか。

と、そんな食文化が洗練され続ける原動力として、個人的には「見た目」がけん引していると感じています。特にインスタグラムの浸透が大きそう。レストランで提供されるおしゃれな一皿では、まばゆい外光を受けて真っ白いお皿が輝いてます。あるいは、夜景を背景にキャンドルの灯(あか)りに浮かぶしっとりと落ち着いたエレガントなテーブルセット。朝食の写真では、横に季節の花束などをあしらって。

日常の食生活を、積極的に楽しむ。素晴らしいことです。限りある人生を輝かせる喜びであり、見知らぬ誰かの食卓をたたえることもまた、豊かな生活であります。

洗練された「東京下町ソウルフード」

ただ、私にはちょっとおしゃれすぎて照れるところがあります。たとえばそういう場で「朝メシ」とは呼ばないんですね。あくまでも「モーニングセット」。はたまた「ワンプレート・ブレックファスト」なのです。

おしゃれなランチに「アサイーボウル」。私ゃどこぞの浅井さんって社長が経営するボウリング場かな?って思ったら(思いませんけど)、ニューヨークだとかで流行ってる、深い器に入れたヘルシーな食品なんですってよ。あれを日本語で「アサイー丼」なんて呼ぶ人はいませんわねえ。

さてさて。そんなインスタ映え・おしゃれ・グルメから最も遠いはずだと、私が信じてきたものが、東京の「もんじゃ」です。ひたすら茶色くて、どろどろしてる。ところが、なんと「東京下町ソウルフード『もんじゃ焼き』の人気店は、こちら!」なーんつって。そんな記事をウェブでちょいちょい見かけるようになりました。「餅、明太子(めんたいこ)、チーズ」のトッピングが、なんなら定番と言えるほどメジャーで、シーフードやら肉類やらを惜しみなく投入して、1人前千数百円なり。ほほー。聖地と呼ばれる月島界隈(かいわい)にはもんじゃの専門店が立ち並び、行列のできる店まであるんだそうです。

もんじゃは今やすっかり洗練されました。何よりおいしい! また、焼く前の盛り付けだとかもう、色とりどりに工夫されちゃって、まさにインスタ映え! 映えるったらないもの!

それでも、私にとっての懐かしいソウルフード「もんじゃ」とはかけはなれておるのです。おっと! この先はローカル。あまりにもローカルな、うしろ向きな話になりますのでご容赦くださいね。私の出身は東京都の江東区北砂。下町も下町です。駄菓子屋さんがわんさかとあって、冬場になるとその駄菓子屋さんの奥座敷で提供していた「もんじゃ」についてこれから語ります。

エンタメ!連載記事一覧