powered by 大人のレストランガイド

パリに専門店、鎌倉でレッスン 花開くBENTO文化

鎌倉で外国人向けに弁当料理を教える「M&M Bento Cooking」にパリから参加したカップル
鎌倉で外国人向けに弁当料理を教える「M&M Bento Cooking」にパリから参加したカップル

いま日本の弁当(BENTO)文化が世界中に浸透しているのをご存じだろうか。例えば、2018年11月にオープンした商業施設「二重橋スクエア」にある、世界的なパティシエ・ピエール・エルメが日本の優れた生産者の商品を紹介するコンセプトショップ「Made in ピエール・エルメ 丸の内」のカフェメニューに、なんと「BENTO」が登場した。弁当箱を思わせる仕切りのあるプレートに料理やデザートのマカロンがのっている。ピエール・エルメ氏の日本への愛情の表れが「BENTO」となったようだと、国内でも話題になったばかりだ。

日本のオフィス街のように、パリでも忙しい仕事の合間をぬってサクッとオフィスで食べられるヘルシーな日本式弁当が昼食アイテムとして注目されている。「リーマン・ショック後、ワインを飲みながらレストランでゆったりランチという人は少なくなり、外で買ってきたものを会社でサッと食べる人が増えていますね」と話すのは、パリで弁当店「BENTO&GO!」を営む立花剛さん。

パリ3区にある「BENTO&GO!」の1号店 近隣の会社員だけでなく、近くに住む共働きの主婦がテイクアウトしていく 店内にはイートインスペースもある

パリの和食店や居酒屋で修業していた立花さんは、知人の日本人サラリーマンから「パリではランチ難民になることが多い」という話を聞き、2014年に弁当店を開業した。当時はフードトラックが出始めた頃。だがデリバリーを行っている飲食店はまだ少なく、立花さんはそこに商機を見て取り店頭販売とともに弁当の配達も始めた。

同店の弁当は6種類。テリヤキチキン、焼きザケ、ユズで風味をつけたタラの幽庵(あん)焼き、唐揚げ、ベジタリアンにも対応できる豆腐ハンバーグ、そしてシェフのきまぐれ弁当。どれも和風テイストのものをラインアップ。フランス人はご飯をサラダと同列の付け合わせと捉えているらしく、食べきれないことも考え、ご飯だけ別容器に入れ、食べ残しても持ち帰れるように工夫しているのがポイント。さらにどら焼きなどの和スイーツも追加料金プラスで用意して好評だ。

美食の街、パリといえども、誰もが新しい食にチャレンジしているわけではない。「オープン当初はBENTOの認知度がまだ低く、苦労しました。フランス人は意外に保守的なので、まずはよく知られているテリヤキと、普段から食べ慣れているサーモンを使った弁当から用意しました」と立花さん。

フランス人は白飯によくしょうゆをかけて食べていたが、立花さんとしては「本当の日本の味」を知ってもらいたかったので、白飯に赤しそふりかけをかけてみた。するとこれが大当たり。今では店で赤しそふりかけの別売りもしているという。

「BENTO&GO!」の弁当は外食するよりリーズナブル。弁当は12ユーロ(約1500円/1ユーロ=126円で換算の場合)からで、デリバリーなら1ユーロ(約126円)プラスになる。「パリでランチに外食したら15ユーロはかかりますから、配達込みで13ユーロならと納得いただいているようです。弁当は3個から配達しています」(立花さん)。

夜も営業しており、共働きの母親が子供たちに夕飯弁当を買っていく姿も。弁当は「ヘルシーなファストフード」として、安心して子供に食べさせられるという常連客もいるとか。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド