元ラグビー代表・大畑大介氏の足し算思考 まとめ読み

日経Gooday

元ラグビー日本代表の大畑大介さん(写真 厚地健太郎)
元ラグビー日本代表の大畑大介さん(写真 厚地健太郎)
日経Gooday(グッデイ)

9月20日から11月2日まで、ラグビーワールドカップ2019日本大会が日本各地で繰り広げられている。この機会に、元ラグビー日本代表で過去2回ワールドカップに出場し、今大会のアンバサダーも務める大畑大介さんのインタビュー(全3回)を紹介する。

◇  ◇  ◇

【上】大畑大介さん 縮こまった心変えた平尾誠二さんの言葉

大畑さんといえば両足のアキレス腱を断裂したり、両肩を痛めたりなど、幾度も大ケガを負いながら第一線で戦ってきた、メンタルの強さが印象的だ。だが意外にも本人は、「本来、僕は心が弱い人間です。今も強いとはいえません。だから、その弱さをラグビーを通じて鍛えてきた」と言う。大畑さんはラグビー人生を通じてどのように強靭(きょうじん)なメンタルを培ったのかを聞く。

【中】大畑大介さん どんなストレスも軽くなる足し算思考

ラグビー日本代表になった後も海外でプレーするようになった時も、思い通りの結果が出ないことが多かったという大畑さん。日本代表というプレッシャーがかかる中で、立ちはだかる壁をどのような思考で乗り越えたのか。

大畑さんがやったのは、考え方を「減点法」から「加点法」に切り替えること。具体的にはどのような考え方なのだろうか。

【下】大畑大介さん ヒーロー演じて前向きに自分を客観視

大畑さんは現役時代、度重なるケガに見舞われても決して心折れることなく、日本代表として第一線で活躍し、日本ラグビー界を支えてきた。そこには、「ヒーローを演じて自分を客観視する」という、メンタルを支えた独自の思考法があった。

「メンタルが弱い自分を受け入れ、ヒーローというフィルターを通して、何とか自分を変えようとしていたんだと思います」(大畑さん)。一般のビジネスパーソンもまねできそうな、その思考法について語ってもらった。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント