大畑大介さん 縮こまった心変えた平尾誠二さんの言葉元ラグビー日本代表 大畑大介さんに聞く(上)

日経Gooday

元ラグビー日本代表で、ラグビーワールドカップ2019日本大会アンバサダーを務める大畑大介さん(写真 厚地健太郎)
元ラグビー日本代表で、ラグビーワールドカップ2019日本大会アンバサダーを務める大畑大介さん(写真 厚地健太郎)
日経Gooday(グッデイ)

いよいよ2019年9月20日から、ラグビーワールドカップ2019日本大会の幕が上がる。東京スタジアム(調布市)で開幕し、11月2日横浜国際総合競技場で行われる決勝戦まで、約1カ月半に及ぶ世界大会。そこで今回から3回にわたり、元ラグビー日本代表で過去2度ワールドカップに出場し、ラグビーワールドカップ2019日本大会アンバサダーを務める大畑大介さんに話を聞く。1回目は、ラグビー人生で培われた強靭(きょうじん)なメンタルについて。

◇  ◇  ◇

心の弱さをラグビーで鍛えてきた

――大畑さんといえば両足のアキレス腱を断裂したり、両肩を痛めたりなど、幾度の大ケガと戦いながら第一線で戦われてきた、メンタルの強さが印象的です。

大畑:でも本来、僕は心が弱い人間です。今も強いとはいえません。だから、その弱さをラグビーを通じて鍛えてきました。

僕は子供の頃から人と接するのがすごく苦手で、周りの子供たちとうまくなじめませんでした。輪の中に入れなくて、入るにはどうすればいいかと考えたとき、自分から入れないのであれば、みんなが興味を持ってくれるような人間になればいいと思ったんです。

そこで、足の速さに自信があった僕は、その強みを生かそうと小学3年生のときにスポーツを始めることにしました。でも、人と同じことをするのが嫌だったので、みんながやっている野球はやりたくなかった。家から花園ラグビー場が近かったり、父親が学生時代にプレーしていたことから、消去法でラグビーを始めることにしました。憧れでラグビーを始めたわけではありません。

入部したラグビーチームは知らない子供ばかりで、最初はやはり1人でポツンといました。でも、誰よりも足が速かったことで、みんなが僕に注目してくれました。自分から無理に扉を開けて輪に入らなくても、すんなり輪に入ることができた瞬間、「ラグビーを続けたら周りとつながることができるんだ」と、初めて自分の居場所ができたことを実感しました。

僕にとっては、ボールを持ってプレーすることが楽しかったわけではなく、居場所が見つかったことが何よりもうれしかった。だからこそ、自分から踏み出したラグビー人生に対しては、否定したくないという気持ちが強いです。

――否定したくない?

大畑:決して順調にラグビー人生を歩んできたわけではなく、ケガが治らず思うようにプレーできないという、どん底時代もありました。それでも、気持ちが折れずに乗り越えようと思えたのは、ケガでプレーできなくなることが自分にとっては大してネガティブなことではなかったから。それよりも、ラグビーをやめて人とのつながりがなくなること、自分を表現するものがなくなることの恐怖心が大きかったので、やめられなかったのです。だから何があっても、前を向いてラグビーを続ける方法を模索し続けられたのだと思います。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント