さあ消費増税 食品を無駄なく食べきるお得技10選

■7位 冷蔵室は容量の7割程度に 193人

冷蔵庫の冷蔵室の温度は通常3~6度程度。詰め込みすぎると冷気が回らず、温度が上昇する一因になる。細菌の増殖などで食材が傷みやすくなってしまうため、「容量の7割程度にとどめることが食材をおいしく保管するコツの一つ」(島本さん)だ。「ある程度スペースを空けておくと何があるかわかりやすい」(女性、56歳)と買い物前の確認もしやすい。「節電にもつながり、一石二鳥の効果があった」(男性、54歳)との声も。

■8位 ホウレンソウ 根元に甘み 159人

冬にかけておいしさが増すホウレンソウ。寒さにあたると赤くなるその根元を食べる人は多く、「栄養があると聞いた」(女性、51歳)。実際、栄養成分のマンガンが豊富だ。土をよく洗い落として、根元のぎりぎりまで食べたい。「十字に切り込みを入れるとおいしくゆでられる」(島本さん)。「赤い部分に甘みがある」(女性、54歳)、「味わいがあっておいしい」(女性、59歳)。

■9位 ショウガは切って冷凍保存 128人

薄切りや千切り、すり下ろしなど使いやすい形状にしてラップで包み、保存袋に入れる。島本さんのおすすめは薄切りにして1枚ずつ並べ、ジャバラ状にラップで覆う方法。1枚ずつハサミで切って使える。「使いきれないときが多く、おろしたり刻んだりして冷凍する」(女性、61歳)、「使用頻度が高いので、使いたい分だけ取り出せて便利」(女性、48歳)。


■10位 葉野菜 立てたまま冷蔵 118人

ミズナやホウレンソウなどの葉野菜は横に寝かせず、根を下にして立てた状態で保存する。上に向かって育とうとする性質があるため、寝かせると立ち上がろうとする。その過程でエネルギーを消費し、傷むのが早まるという。収穫前の土で育っている状態を想像するのがポイントだ。「鮮度が長持ちする」(女性、60歳)という声が集まった。

                                      

空腹時の買い物注意 買いすぎず使いきる

本来は食べることができたはずの食品を廃棄してしまう、「食品ロス」への関心が高まっている。2016年度はこうした食品が推計643万トン。1人あたり51キロで米の消費量約54キロに相当する。その半分が家庭からの廃棄だ。

対策としては、無駄なものは買わず、買ったものは使いきることが有効だ。家族の人数が少ないと、食べきれないという事情もあるだろう。しかし、工夫の余地はある。空腹時の買い物は「買いすぎてしまい、食べきれずに捨ててしまう」(女性、33歳)との声もあるが、「買い物に行く直前にアメをなめると空腹感が紛れる」(行長さん)。使い切れずに傷んで捨ててしまう調味料も、「ゆずこしょうは瓶ごと冷凍して使ったり、チューブタイプのものは雑菌が付かないよう、使う度に口部分を拭き取ったりすると長持ちする」(島本さん)。野菜の皮や根元、芯も栄養の知識や調理法の工夫の仕方が分かれば、食べられる部位が増えてゴミも減るうえ、得した気分になる。

10月には企業や自治体、消費者に食材を無駄にしない取り組みを促す食品ロス削減推進法が施行される予定。一般社団法人フードサルベージ(東京・渋谷)の平井巧代表理事は家庭の使いきれない食材を持ち寄り、おいしい料理を作る機会を持つよう提案する。「固定観念を捨てることや組み合わせの妙を楽しむこと」がポイントだ。例えば、「そうめんをくだいてリゾットの米代わりに使う」。行長さんは「買い物に行かない日をつくる」ことを勧める。冷蔵庫や食品庫に眠る食材や、賞味期限が迫る災害用の備蓄食を見直す機会になる。財布に優しく、工夫に満ちた一品に食卓の会話が弾みそうだ。

ランキングの見方 食材を使い切る工夫など、食品ロス対策となる項目。数字はその項目に「取り組んでよかった」と答えた人の数。複数回答。写真は高井潤撮影、イラストは三井俊之、料理制作は島本美由紀。

調査の方法 料理研究家の島本美由紀さんと行長万里さん、フードサルベージ代表理事、平井巧さんの協力を得て「おいしく保存する」や「食べきる」などの観点で食品ロス対策の項目を30問作成。8月下旬~9月上旬、インタ-ネット調査会社のマイボイスコム(東京・千代田)を通じ、食品ロス対策に取り組む全国の20~60代の男女1000人に調査した。

(天野由輝子)

[NIKKEIプラス1 2019年9月21日付]

NIKKEIプラス1「何でもランキング」のこれまでの記事は、こちらからご覧下さい。

注目記事