危ういミドルの「猪突猛進型」転職 実力がバレる理由経営者JP社長 井上和幸

職務経験の「各論」でバレる実力

「猪突猛進、手当たり次第・突撃型」転職活動の典型例として2つの事例を紹介しました。もう一つ、辛口で恐縮ですが、「いい歳でありながら、自分自身の職務経験の棚卸しが甘い」というケースを紹介しておきましょう。

ごく一般的な面接形式では、応募者の経歴を事前に提出した職務経歴書と履歴書に基づき、確認・ヒアリングします。応募者がひとしきり職歴の概要を話し終え、内心、ホッとしていると、面接者である社長から、こんな質問を受けました。

社長「で、このプロジェクト経験にとても興味があるのですが、この時は具体的にはどのようなことをされたのですか?」

応募者「えっと……」

通りいっぺんの職歴自己紹介はそつがないのに、部分部分で深掘りの質問を浴びると、各論が話せない。そんな人も、私はキャリア面談でかなり多く見てきました。その際、面接者である社長や、キャリア面談者である私の頭の中に浮かぶのは2つです。

「ん? この人、実はこの部分、自分でやったことではないのかな?」「そうか、上から言われたことをやっていただけだな」。この2つです。

自分が直接やっていなかった仕事には、当然、転職先でも期待ができません。自分の頭を使わず、言われたことだけやってきた(としか見えない)ミドルやシニアを、コア社員として採用する企業もありません。

「闇雲応募」を重ねていると、このあたりの課題を抱えたまま面接に臨んで、あえなく失敗することになります。問題の本質を認識せずに、次の会社に応募しては、また同じことを繰り返す。これでは転職活動が長期化するばかりでなく、泥沼の面接NGで精神的にも参ってしまい、ますます活動がうまくいかなくなるというバッドスパイラルに陥ります。

負の連鎖から抜け出すためには、いったん転職活動を休止してでも、しっかり職歴を詳細に棚卸しし、自己認識を図ることをお勧めします。こういうときこそ「急がば回れ」です。

これまでの当連載記事でも折々に触れてきましたが、「自分は何がしたくて、できるのか」「応募企業に対して、どのような貢献ができるのか。それはなぜか」「応募企業になぜ入社したいのか、その共鳴ポイント、情熱」を明確にしましょう。これらがないまま、闇雲に応募しているなら失敗の連鎖から抜け出すことはできないのです。

逆にこれらがスタートの段階から自分の頭の中に映像が浮かぶようにイメージできていれば、一度の応募で採用に至りやすくなります。そして、一期一会の良縁となるのです。

井上和幸
経営者JP社長兼CEO。早大卒、リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、リクルート・エックス(現リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に経営者JPを設立。「社長になる人の条件」(日本実業出版社)、「ずるいマネジメント」(SBクリエイティブ)など著書多数。

「次世代リーダーの転職学」記事一覧

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら