危ういミドルの「猪突猛進型」転職 実力がバレる理由経営者JP社長 井上和幸

「面接=自己アピール」という勘違い

転職活動というのは、求人応募を毎日することでもなければ、企業面接に何件も出向くことでもありません。忙しい皆さん自身の貴重な時間、また、相手企業の社長や責任者の貴重な時間(あえて付け加えれば、その仲立ち支援のやり取りをしている我々のようなコンサルタントや人材エージェントの時間)を無駄に食いつぶしてはいないか、見直してみることも、今後の時間の使い方を効果的なものとするために非常に大事なことです。

クライアント企業の社長や人事部長から共通して聞く、採用選考での困った(頭にきた)エピソードで多い「あるあるケース」は、面接におけるこんな場面です。

「で、今回のポジションでは、我が社で現状、○○事業における主力製品の市場シェアが徐々に落ちてきてしまっているという課題がありまして、法人マーケティングでテコ入れを図っていただける人を求めているのです。Bさんであれば、このような状況に対して、どのような策の仮説を持たれますか?」と面接者の社長が問いかけます。対するBさんの答えは「はい、え~と、御社ではどのような製品を扱っているのでしょうか?」。社長が椅子からずり落ちたのは、言うまでもないでしょう。

自分から応募して面接に出向いているのに、応募先企業の基本情報をほとんど見ていないというミドルやシニア応募者は、一般的に想像される以上に多いようです。面接者の社長や事業部長、人事部長は「何で来たの?」となってしまうでしょう。こうした姿勢になる原因は、おそらく次の2つかと考えます。

一つは、「面接=自己アピールをする場」という応募者の認識・理解です。「自分はこのような人物です」「こういう仕事をしてきました」という点は、大抵の転職希望者が一生懸命、面接者に伝えようとします。しかし、自分が縁があった際に着任する企業とその職務については、「配属は相手企業が決めること」「入社することになったら理解しよう」というぐらいの心根なのだと思います。

もう一つは、「俺様・殿様受験」のメンタリティーです。大手企業出身者が幹部クラスで初めての転職に臨むような場合では、「自分はこれだけの出世をここまでしてきた人物。それを三顧の礼で買うのは相手企業だ」というスタンスの応募者も(一昔前に比べれば減りましたが)、いまだに散見されます。こんな姿勢では、応募先企業から疎まれるだけであり、そもそもの仕事力を疑われるだけです。

これには正直、人材エージェントが悪影響を及ぼしている場合も見受けられます。何とか企業に推薦実績を作りたくて、「話だけでも聞いてみて」「受けるだけでいいので」と、転職候補者にささやいて、無理に面接を組むエージェントも存在するようです。

企業側と合意のうえで、何としても口説き落としたいヘッドハントならば、それもあり得ますが、事前の企業・職務紹介において、候補者が魅力を感じるところからスタートしていないプロセスが本質的にうまくいくことはないと、私はそれなりの経験を踏まえて考えています。個人的な意見としては、こうしたプロセスを行うヘッドハンターや人材エージェントは無責任で力量不足だと思います。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
職務経験の「各論」でバレる実力
今こそ始める学び特集