トレンドの黒かトラッドの紺か ブレザー着こなし流儀

MEN’S EX

2019/9/16

「トレンドの黒&トラッドの紺」の さらなる可能性を探る

黒ブレ、紺ブレの装い方について考察したが、もちろん黒ブレを休日に着てもいいし、紺ブレは仕事着としても活躍する。ここではこれらブレザーのさらなる可能性を探る。黒はモノトーンに徹し、紺はニットを活用――この要点を押さえ、オン・オフ着回してほしい。

「トレンドの黒」を OFFで着るなら、
“タートルIN&全体をモノトーンに”

■ブラックでまとめればシャープで品格が出る

ジャケット5万1000円〈オーダー価格〉/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム) ニット3万8000円/カルーゾ(エストネーション) パンツ3万4000円/PT05(PT JAPAN) 靴8万4000円/ボードイン アンド ランジ(オカベ アンド パートナーズ)

■カシミアの白タートルで印象をソフトかつ優雅に

ジャケット16万円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン) ニット3万円/デザインワークス(デザインワークス 銀座) パンツ4万1000円/ベルナール ザンス(ビームス ハウス 丸の内) 靴3万6000円/ポルペッタ(ビームス 六本木ヒルズ)

「トラッドの紺」を ONで着るなら、
“襟もの+ニット素材で程よく力を抜く”

■ハイゲージのニットポロでくつろぎ感を品よく表現

ジャケット7万6000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI カスタマーサポート) ニットポロ4万5000円/フェデッリ(伊勢丹新宿店) パンツ3万8500円/インコテックス(シップス 銀座店) ベルト4万2000円/エリオポール(エリオポールメンズ代官山) 靴6万8000円/ジョセフ チーニー(ブリティッシュメイド 銀座店)

■ニットを一枚挟むだけでぐっとこなれた印象に

ジャケット4万5000円/トミー ヒルフィガー(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス) ニット2万3000円/フィリッポ デ ローレンティス、シャツ2万3000円/ジャンネット(以上トヨダトレーディング プレスルーム) パンツ2万8000円/カルーゾ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ベルト1万3400円/メゾン ボワネ(シップス 銀座店) 靴8万円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル)

※表示価格は税抜きです。

撮影=野口貴司(San・Drago)、若林武志、仁木岳彦、鈴木泰之、伏見早織、武蔵俊介 スタイリング=四方敬章、武内雅英(CODE)、宮崎 司(CODE) ヘアメイク=松本 順(辻事務所) 構成・文=小曽根広光 文=吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、礒村真介

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年10月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019