2019/8/5

「学歴フィルター」は残る?

――リファラル採用が普及すると、どんなメリットがありますか。

知り合いを自分の会社に誘う場合、その人が本当に合うか、すごく真剣に考えませんか。もし合わなかったら、知人の人生を狂わせてしまうかもしれないと思うと、軽い気持ちで推薦はできません。そしてそれを考える過程で、自分が就職した理由や会社の魅力が整理されます。その結果、会社に合う人を適切に探すことができます。

また学生側からすると、企業説明会では語られない等身大の会社について、知り合いから事前に聞いておくことができる。当然、入社してからギャップに戸惑うことも少なくなります。

「一括採用の問題は学生の主体性が薄れること」と語るリフカムの清水社長

――「学歴フィルター」がリファラル採用においても発生しそうな気がします。

やはり高学歴の人材を欲している会社が多いのは事実です。リファラルであっても、高学歴の社員の周りには、優秀な学生が集まっているので、採用につながりやすくなっています。

ただ、今までは一方的に会社説明会などでしか情報を得られなかったのが、徐々にリアルな情報を仕入れられるようになってきています。最終的にリファラルで就職するかどうかは別にしても、学生には主体的に情報収集・行動するということを考えてもらいたいです。

1~2年生のうちから働き方のモデルケースを探す

――実際に今大学1年生だったとしたら、就職に向けてどんな学生生活を送りますか?

たくさんの社会人を見て、「働く人の事典」のようなものを作るかもしれません。スキルアップが目的ではなくて、自分に近いペルソナを探す。インターンシップでも、海外留学でも、OB訪問でも、手段は問いません。

1、2年生の頃は、とにかく人に会う。50人~60人くらいに「なぜ今の仕事をすることになったんですか」と、聞いて回ると自分もやりたいと憧れる人が10%くらいいると思います。そしてモデルケースができてきます。例えば、ベンチャーに関わりたいと思ったとしても、自分のやりたいことは経営者ではなくて投資家側でアドバイスする側だったとか。モデルケースは複数あった方がいいです。

私は大学生の頃に駅伝をやっていて、実業団の選手として食べていきたいと思っていたのですが、けがでその道が閉ざされ、その後は、ソーシャルビジネスに興味を持ち、海外のNPOに行ってみました。しかしそれも自己満足で終わってしまって、違うなと。そういう曲折を3回くらい繰り返して、最終的にやりたいと思ったのが起業です。

何が言いたいかというと、モデルケースのうちいくつかは違ったなっていうのが往々にしてある。だからパターンは6つくらい欲しいですね。そのためには1~2年生のうちに60人くらいの人に会っておいた方が良いというのが、私の実感値です。(インタビュー終)

次回はインターンへ行く意味について考えていきたいと思います。

プロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本術

著者 : 田中研之輔
出版 : 日経BP
価格 : 1,620円 (税込み)

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束