ソニー「ブラビア」 テレビ番組もネット動画も同列に「年の差30」最新AV機器探訪

最新テレビのインターネット連動機能はどうなっているのかを知るために、平成生まれのライターと昭和世代のオーディオ・ビジュアル評論家がメーカーを訪ねた
最新テレビのインターネット連動機能はどうなっているのかを知るために、平成生まれのライターと昭和世代のオーディオ・ビジュアル評論家がメーカーを訪ねた

2018年末の4K・8K放送開始、2011年の地デジ化からの買い替え需要などにより好調なテレビ市場。調査会社のGfKによれば、2018年の薄型テレビの販売台数は前年比6%増の520万台、中でも4Kテレビは同40%増となった。

こうした上昇傾向の中で、次の一手を打つのがソニーのブラビアだ。早くからグーグルのテレビ用OS(基本ソフト)であるAndroid TVを搭載し、膨大なコンテンツの検索性能の向上、IoTへの対応などを進めている。4Kコンテンツも豊富なNetflixなどのネット動画をよく見る層へも訴求している。

これまでのテレビとは何が違うのか? 平成生まれのライターと昭和世代のオーディオ・ビジュアル評論家がソニーに取材した。

ソニーのテレビ「ブラビア」はネットとの親和性の高さをうたっている(写真は6月8日発売予定の「KJ-85X9500G」)

◇  ◇  ◇

小原由夫(55歳のオーディオ・ビジュアル評論家。以下、小原) 今回はソニーのブラビアの取材にやってきました。

小沼理(27歳のライター。以下、小沼) ブラビアって、テレビですよね。今回の取材もテレビを持たない者として肩身の狭い思いですね……。

小原 でも、ただのテレビではありませんよ。テレビ放送以外の機能にも力を入れているんです。今回はソニーマーケティングジャパンの福田耕平さん、織田章弘さんにお話をうかがいました。

福田耕平さん(以下、福田)、織田章弘さん(以下、織田) よろしくお願いします。

小沼 以前はレコーダーの進化を取材しましたが(記事「TVない若者も『ほしい』 レコーダーがスマホ的進化」)、テレビも進化しているわけですね。

福田 テレビは基本的に購入してから、平均で約10年使われるというデータがあります。そのため、今後のトレンドを予見しながらおすすめの機能を作っていく必要があるんです。リビングにおけるこの先々のトレンドは大きく3つあると思っています。

一つ目は、従来の放送波に加えネット動画が充実することで、お楽しみいただけるコンテンツが増えるため、お客様の幅広いコンテンツニーズに対応すること。二つ目は、それにともなうあらゆる映像ソースをきれいに見せること。三つ目はさまざまな機器がIoTに対応する中で、リビングの中心にあるテレビがどのようにかかわっていくかというポイントです。

織田 まずは一つ目のコンテンツの増加です。これに対して、ソニーでは「Android TV」に対応。リモコンのデザインも変えました。

小沼 本当だ、リモコンの上部に「Netflix」「Hulu」「U-NEXT」「YouTube」など、ネット動画サービスのボタンがありますね。

ブラビアのリモコン。上部の目立つ位置に、HuluやNetflixなどのボタンがある
「Android TV」のホーム画面。この画面から見たいアプリやサービスを探せる

福田 ボタンを押してみてください。

MONO TRENDY連載記事一覧