エンタメ!

エンタウオッチング

日向坂46、改名&デビュー 曲ごとに異なる色見せる

日経エンタテインメント!

2019/6/3

2019年2月、日向坂46はけやき坂46からの改名を発表。誕生以来、欅坂46との関係は明言してこなかったが、正式に独立した1つのグループとなり、3月に『キュン』でシングルデビューした。いろいろな個性を持つメンバーがセンターに立つことで、楽曲ごとに異なる色を見せられるのが日向坂46の強みだ。

(写真:佐賀章広)

欅坂46の1期生オーディションで最終審査まで進みながら、家族の反対により辞退した長濱ねる(欅坂46卒業を発表)のために生まれたのがけやき坂46。その後、「長濱の仲間を集める」というコンセプトのもと、追加メンバーオーディションが行われ、16年5月に1期生として11人が合流した。

クールで寡黙な欅坂46とはタイプが違う、明るいメンバーが集まったこともあり、単独ライブ開催やドラマ主演など、独自の活動が多かった。17年には2期生9人も加わっている。

だが、楽曲においては約2年間、欅坂46のシングルやアルバムにカップリングとして収録されるだけの状態が続いた。日向坂46運営委員会委員長を務める今野義雄氏は「なかなか自分たちの未来が見えてこない状況が続くなか、メンバーは1人も腐ることなく、ピュアに自分たちができることを頑張っていた。ターニングポイントは昨年6月の初アルバム『走り出す瞬間』です。自分たちの曲が増え、ライブががぜんパワーアップしてたくましくなった」と話す。

■ダンスが動画サイトで話題

シングルデビュー曲は、日向坂46という名前のイメージに合った、明るい青春ソングの『キュン』に決定。CRE8BOYが手掛けた、体を振りながら両手でポーズを取るキャッチーな「キュンキュンダンス」は注目を集め、動画サイトに「踊ってみた動画」をアップするユーザーが増えている。

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL