地球にやさしいから斬新 「正しい」おしゃれの磨き方宮田理江のおしゃれレッスン

サステナビリティーやエシカルな取り組みがファッションにも求められる時代に
サステナビリティーやエシカルな取り組みがファッションにも求められる時代に

ファッションの世界でも、ブランドや企業の「志」が問われるようになってきました。具体的にはサステナビリティー(持続可能性)への配慮やエシカル(倫理的)な取り組み、文化の支援などがショッピングのものさしに加わりつつあります。後ろめたさを感じないで、気持ちよくおしゃれを楽しみたいという消費者側の意識が背景にあるようです。先進的な取り組みを進める、イタリアブランド「Alcantara(アルカンターラ)」を提供するアルカンターラ社(ミラノ市)を取材しました。企業哲学を巡るファッションの現在をリポートします。

メイド・イン・イタリーのサステナビリティー素材とは?

罪悪感を覚えなくて済む消費の代表例は人工毛皮(フェイクファー)でしょう。動物愛護の意識が国際的に高まり、リアルファー(動物由来の毛皮)を使わないと宣言するブランドが増えてきました。化学的に生産する人工ファーの品質が高まり、ファッション素材として使いやすくなったことも背景にあります。エコファーやファーフリーファーとも呼ばれる人工ファーは秋冬に一段と盛り上がる兆しが見えています。

生き物の犠牲を伴わない素材調達は、サステナビリティーの面からもメリットが大きくなっています。天候や人手に左右されず、工場で生産できるので、安定的に確保しやすいうえ、コスト面でも魅力的です。フェイクファーのような化学製品は裁断や染色といった後加工が天然素材に比べて楽で、服飾的な表現力も高まるという利点があります。

高い表現力で注目される人工皮革の「アルカンターラ」

世界の高級車ブランドの多くが内装に採用している人工皮革(レザー)の「アルカンターラ」はポリエステルとポリウレタンを原料とするスエード調の素材です。もともとは日本の東レが開発した技術をベースに、東レのイタリア子会社、アルカンターラ社が製造・販売しています。イタリアのクラフトマンシップやデザインセンスが加わって、本物のスエードを思わせる風合いに仕上がっています。

ワイズとのコラボレーション

動物由来のレザーに比べて、自在に加工しやすいので、ファッションブランドとのコラボレーションで、様々な新デザインを写し込む受け皿になってくれます。たとえば、2014年3月に発表された山本耀司氏のブランド「Y's(ワイズ)」とのコラボでは、コートやパンツにアルカンターラ素材が用いられました。花柄を全体に配したコートやスカートは、しっかりした質感と軽やかな着心地を両立させています。「Y's」との間では2019年5月末にも新カプセルコレクションが発表される予定です。