合羽橋「台所番長」が斬る パン切り包丁の逸品5選合羽橋の台所番長が斬る! いまどきの料理道具を徹底比較

日経トレンディネット

焼きたてソフト食パンは意外と切りにくい?

さっそく、食パンから検証します。今回は焼きたてを調達。じつは、焼きたての食パンは、周りがパリッとしているのに、中はとても軟らかくて、スライスするのが難しいのです。5本の切れ味を検証した結果、このハードルをスムーズに越えられたのは、サンクラフトの包丁でした。

1位:サンクラフトはパンへの入りがスムーズ

柄を握ると、きちんと中指に力点があるデザイン。握るとしっくり収まる

サンクラフトは持ち手がとても握りやすいのが第一印象。刃をパンに当てて力を入れようと思うまもなく、パリパリ、ザクッという音もまったくなく、スーッと刃がパンに入っていったことに感動しました。

包丁がスーッと入っていったのにはびっくり。先端が平刃だが、相当鋭く研がれているので、つっかかりがない。切った後のパンくずはほぼなし

2位:ビクトリノックスはロングセラーならではの安定感

指をしっかり固定して握れる

持ち手がプラスチックなので、見た目は他のものより劣るのですが、切れ味は冴えています。持ち手に指をかけられるようになっているので力を入れるときにも負担が少ない。サンクラフト同様にスーッとパンに入っていきました。

全体が波刃なのに、スーッとパンに刃が入っていくのはさすが。パンくずはサンクラフト同様に少なめ

3位:アーネストは断面がきれい

断面の毛羽立ちが少なくてきれいだったのはアーネストでした。刃はすんなりとパンに入っていき、その入り方が手に負担がなくて気持ちいいくらい。刃が滑らないところも優秀です。

断面が毛羽立っていない。パンくずは少し多め

4位:庖丁工房タダフサは入りの滑りやすさが残念

庖丁工房タダフサは、パンに入るときに少し滑るので力が必要です。さらに、平刃と波刃の境目が引っかかってしまったのが残念。波刃が短いので、刃の入れ方にコツが必要ですね。

波刃が短いのでパンに刃を入れるときにコツが必要。パンくずが意外に多かった

5位:吉田金属工業は刃の引っかかりで毛羽立った

意外だったのは吉田金属工業の「GLOBAL-IST」です。持った感触はズッシリと重みがあって安定しているのですが、波刃が緩やか過ぎるのでしょうか、刃がひっかかり、音もザッザッとうるさい。断面は毛羽立ってしまいました。ソフト系パンには向いていないのかもしれません。

刃が入るときにザッザッと音がするくらいひっかかってしまった。断面を見ると途中でしっかり段差が付いているのがわかる。パンくずも多い

次はハードブレッドで検証します。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ハードブレッドは波刃の角度が重要
MONO TRENDY連載記事一覧