MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

具材入れるだけで本格料理 お任せ電気調理鍋5選

2018/10/30

材料や調味料を入れるだけで、自動で本格的な料理が作れる「ほったらかし電気調理鍋」を紹介する

調理中にキッチンを離れても料理ができる「ほったらかし電気調理家電」が話題だ。中でも電気調理鍋は好調で、2015年に発売されたシャープの「ヘルシオ ホットクック」は3年で累計販売台数が10万台を突破。各社からも個性的な製品が登場している。

電気調理鍋には高温・高圧により短時間で調理できるもの、食材本来の風味を生かした「無水調理」ができるものなどさまざまなタイプがあるが、いずれも材料や調味料を入れるだけで、自動で本格的な料理が作れる点は共通。料理をする時間がなかなかとれない単身者や共働き世帯の購入が増えているという。今回は、そんな電気調理鍋を5つ紹介しよう。

■シャープ「ヘルシオ ホットクック」 IoTでレシピも進化

ほったらかし調理家電の代表格、シャープの「ヘルシオ ホットクック」。2.4Lタイプの「KN-HW24C」に続き、1.6Lタイプにも無線LAN搭載モデル「KN-HW16D」が登場した。実勢価格は5万円前後

シャープの「ヘルシオ ホットクック」は、無水調理を得意とする電気調理鍋。自動メニューを豊富に搭載し、メニューに合わせて最適なタイミングで具材をかき混ぜる「まぜ技ユニット」を搭載するのが、他にはない特徴だ。

カレーを作る場合、一般的な電気調理鍋は、調理の終盤に一度ふたを開け、カレールーを入れて自分で混ぜる必要があるが、ホットクックはまぜ技ユニットがカレールーもかき混ぜるため、最後まで「ほったらかし」で任せられる。

また予約機能も搭載しており、朝具材をセットしておけば、帰宅してすぐに温かい出来たての料理を食べることもできる。

無水調理で作る「チキンと野菜のカレー」の自動メニューも搭載。最初からカレールーが入れられるほか、予約調理も可能だ
シャープによる予約調理のプロセスを示したチャート。予約セットしたらすぐに加熱を始め、味を染み込ませたあと、食品が腐敗しにくい温度帯で適温をキープするという

1.6L(2~4人用)と2.4L(2~6人用)があるが、2018年7月には1.6L(2~4人用)の少人数世帯向けモデルに、2.4Lと同様に、無線LANを搭載した「KN-HW16D」を発表。シャープ独自の「AIoTクラウドサービス」に接続することで、AI(人工知能)が材料と作り方を画面と音声で知らせたり、新しいメニューがダウンロードできたりと利便性が増す。

メニュー集に掲載されたレシピは、自動メニュー126、手動メニュー19。手動調理の際は、火加減3段階、混ぜ方4段階の設定ができるなど、料理上級者のニーズにも応える。

■象印マホービン「煮込み自慢」 圧力技術で煮物おいしく

象印マホービンの自動圧力IH鍋「煮込み自慢 EL-MB30」。初代モデルは2014年に発売され、2代目となる本モデルには予約調理機能が搭載された。実勢価格は3万5330円

象印マホービンの「煮込み自慢」は、炊飯ジャーの開発で培った圧力技術を活用し、煮物や煮込み料理をおいしく、手軽に調理できるとして人気の自動圧力IH鍋。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL