グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

週末は家めしクッキング

週末レシピ ワタまでおいしく、旬のソラマメ徹底活用

2019/4/4

サヤのワタまで活用!「ソラマメのワタの小鉢」
(1)鍋に湯を沸騰させて、サヤを入れる
(2)浮いているサヤを箸で押さえながら、2~3分ゆでる。 
(3)ザルにあけて水気を切り、サヤの中のワタをスプーンでかき出す

今回はワタを活用して簡単な小鉢を作ってみました。器にワタを入れて、しょうゆ、刻みのりをかけてワサビを添えます。

オクラとヤマイモのすりおろしを合わせたような青っぽい香りと、ぬるぬるした面白い舌ざわり。新感覚のおつまみです。今回この小鉢を一つ作るのに、ソラマメ10サヤ分のワタを使いました。ソラマメを食べるときにはサヤを捨てず、中のワタまでフル活用してみましょう!

最後は洋風メニューとして「ソラマメのクリームチーズ和え」をご紹介します。

「ソラマメのクリームチーズ和え」は白ワインにも合う

「ソラマメのクリームチーズ和え」

材料:作りやすい分量>
ゆでたソラマメ 適量 / クリームチーズ 適量 / オリーブオイル 適量 / 黒コショウ 適量
<作り方>
(1)ゆでたソラマメの表面の薄皮をむく
(2)(1)にクリームチーズを小さくちぎりながら加えて混ぜる
(3)器に盛り付け、オリーブオイル、黒コショウをかける

薄皮をむいたソラマメはくずれやくなるので、クリームチーズとよくなじみます。クリームチーズの代わりに、カッテージチーズや軽く水気を切った豆腐でもさっぱりとおいしく作ることができます。パンにはさんでサンドイッチの具材にしたり、クラッカーや薄く切ったバケットにのせたりすると、白ワインにぴったりのおつまみにもなります。

ソラマメはサヤの内側にあるワタまで食べられる

ソラマメは漢字で、蚕豆、空豆、もしくは天豆とも書かれます。緑色のサヤの内側に繭(まゆ)のようなふわふわのワタにマメが包まれているから蚕豆、上へ上へと空の方へ成長していくので空豆、天豆と書かれるのだとか。新年度にふさわしい上昇イメージの食物かもしれません。

また、中国の調味料、トウバンジャンの原材料がソラマメであることはご存じでしょうか? ゆでたソラマメをつぶして、こうじ、トウガラシ、塩と合わせて味噌と同じように発酵させたものです。ソラマメのうま味は調味料にも活用されているのです。

今が旬のソラマメ、ぜひこの機会にお楽しみください。

(GreenCreate 料理研究家 橋本加名子)

大人のレストランガイド

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL