MONO TRENDY

ヒットを狙え

LINEが「Clova Desk」発売 スマホ後を制するか

日経クロストレンド

2019/4/15

LINEが新投入した「Clova Desk(クローバ デスク)」。7インチ(1024×600ピクセル)の液晶モニターを備え、重さ915グラム。内蔵バッテリーは、音楽の連続再生で約2時間、スタンバイ状態で約3時間10分持つという。カラーはホワイトとブラック。価格は税込み2万7540円
日経クロストレンド

LINEが初のスマートディスプレー「Clova Desk(クローバ デスク)」を2019年3月19日に発売した。アマゾンとグーグルが圧倒的なシェアを誇るスマートスピーカー/スマートディスプレー市場で、LINEが競合製品を投入し続ける狙いは何か。開発責任者に聞いた。

■コンセプトは「ホームサイネージ&コミュニケーション」

スマートフォンの次を担うデバイス(端末)として、AI(人工知能)アシスタントを搭載し、話しかけるだけで照明やテレビなどを操作できるスマートスピーカーが注目されている。18年、これにモニター画面を搭載したスマートディスプレーがグーグルやフェイスブックなどから次々登場した。

日本向け市場でも、アマゾンが18年7月に円形ディスプレーの「Echo Spot」、同年12月に「Echo Show(第2世代)」を発売。そして19年3月19日、LINEがAIアシスタント「Clova(クローバ)」を備えたスマートディスプレー「Clova Desk(クローバ デスク)」を投入した。

3月12日の記者発表会で、壇上に立った同製品の開発責任者・LINE Clovaセンター スマートプロダクトチームの中村浩樹氏は言う。

「プロダクト(Clova Desk)のコンセプトは、ホームサイネージとコミュニケーションだ」

LINE Clovaセンター スマートプロダクトチームの中村浩樹マネージャー

コンセプトの1つ「ホームサイネージ」は、家庭内の情報を操る「ハブ」的な役割といえる。Clova Deskに話しかけるだけで音楽を再生・停止したり、家の中にあるさまざまな家電を操作したりといった集合リモコンのような使い方に加え、天気や電車の運行情報、その日のスケジュールなどが確認できるというもの。

既にスマートスピーカーを家電リモコンとして使うのは、おなじみの用途だろう。そこにディスプレーが搭載され、ビジュアル情報の伝達力が増したのだから、使い勝手が向上しているのは想像に難くない。

さらにLINEが押し出そうとしているのは、もう1つの「コミュニケーション」のほうだ。

家庭内のさまざまな家電やインターホンなどが、「Clova Desk」に話しかけるだけで操作できる

Clova Deskでは、従来のLINEのメッセージの送受信に加え、ディスプレー搭載によってスタンプのやりとりができるようになった。言うまでもなく、スタンプはLINEを使ったコミュニケーションの重要な要素。これなくしては「LINEらしさ」が発揮できないともいえる。さらにClova Deskはカメラを搭載しているので、ビデオ通話が可能となった。その際、画面に映った自分の顔にかわいいフィルターを施すこともできるので、コミュニケーションがいっそう愉快なものになる、という寸法だ。

LINEのビデオ通話では、若者や子どもに人気のフィルター(写真ではウサギの耳やヒゲ)を付けて話すことができる(写真のデモはClova Deskのカメラ機能でフィルターを用いた画面)

Clova Deskによって、Clovaはこれまでの音声操作による家電リモコン、あるいは音楽を聴くためのワイヤレススピーカーから一歩踏み出し、ようやくLINE本来の強みであるコミュニケーションの役割を担える端末になったといえるだろう。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL