WOMAN SMART

キャリア

根付くか「子連れ出勤」、選択肢の一つとして柔軟に なぜ息苦しい? 日本の「仕事と子育て」両立(6)

2019/3/28

(画像はイメージ=PIXTA)

「子連れ出勤」。今年初めに宮腰光寛少子化担当大臣が「赤ちゃんはお母さんと一緒にいるのが何より大切」と子連れ出勤を奨励する発言をした際、どちらかというと否定的意見が多く見られた印象を受けた。

とはいえ、子連れ出勤を認める企業は少しずつ増えているようだ。筆者のコミュニティーで子連れ出勤について聞いてみた。

■子連れ出勤って、そもそもどうなの?

子連れ出勤についての関心は高く、働くママ・パパからたくさんのメッセージが寄せられた。

「(子連れ出勤を認めている)組織に属していたとき、実際には子連れ出勤をよく思わない人や、逆に子連れ出勤できることに甘えている人もいました」

「職場に連れて行くと、ハイハイをさせられず、ずっとおんぶや抱っこをするなど親の都合で活動制限を加えなければならない。赤子が自分の意思を発揮できる環境でないと、子連れ出勤は親子両者にストレスがたまるため、安易な子連れ出勤には賛同できません」

疑問を呈する人が多い一方で、メリットを実際に感じている人も。

「子連れ出勤&子連れ出張のよさは、子どもと過ごす時間が確保できること、母乳育児ができること、子どもの体調管理を親としてケアできること、子どもが自然に仕事への理解をしてくれる、母と子の体力と精神力が培われる」

勤務先で子連れ出勤を実施している人からの具体的なコメントもあった。

「当社は子連れ出勤も、預けて働くことも、年齢によって分けて推奨しています。0歳児ではい回る前であれば基本寝てますし、親に密着させておけば親子ともに安心でストレスもあまりありません。小学生以上であれば、頑張る親の姿や大人に接することが社会勉強にもなり、基本はおすすめです。ただし、未就園児の多くや、一部は小学生においても親がかまってくれない、自分が一番でないことが我慢できない時期や個性はあります。その場合は預けられるほうが親子ともに幸せです。選択肢は広く設け、推奨基準を明確にするのが現実的だと思います」

■子連れ出勤は「常識を疑うための手段」

そこで、子連れ出勤を実施しているモーハウス代表の光畑由佳さんにお話を伺った。モーハウスは授乳服のメーカーだ。光畑さん自身が乳児を連れて電車に乗ったときに泣かれて困った経験が、同社の事業につながっている。

「子連れ出勤は、常識を疑うための手段なんです」と光畑さんは言う。いったいどういうことか。

「子どもが小さいときはママが一緒にいるべき、仕事に子どもは連れていけない、といった既成概念があるけれど、そこを『一緒にやっちゃえばいいんじゃない!』というのが、最初に始めたときの考え方でした」

つまり、「子どもが生まれたら、ママとして子育てをしなくてはならない」「保育園に入れなかったら仕事をやめなくちゃならない」という考え方の枠を取っ払ってもいいんじゃないかというのが、光畑さんの発想だ。

「自分自身、以前のアグネス論争(歌手のアグネス・チャンさんが仕事場に赤ちゃんを連れて行ったことで賛否両論があった)では、子連れで働くなんて周りに気を使わなさ過ぎでは、って思っていたくらいです。でも自分に子どもが生まれてみると、子どもの泣き声を周囲に聞かせちゃいけない、子どもがいることを職場に感じさせてはいけない……と、とても息苦しさを感じました。その後、授乳服の会社を立ち上げ、『子育ても仕事も一緒にやっちゃえばいいんじゃない!』と思ったのが子連れ出勤のスタートです」

子連れ出勤は保育園の代替ではなく、「あくまで、多様な働き方の選択肢の一つ」なのだという。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
【提言】手本不在、男女差、人生設計―悩んだらこう
日経DUAL
時短勤務したパパの夕食作りが新商品のアイデアに
日経ARIA
高橋ゆき 決断時は「そこに愛はあるのか」自問自答
日経doors
白木夏子「世界を少しでもいい方向に」が私の行動指
ALL CHANNEL