エースドライバーの思い ソーラーカー世界一への道目指せソーラーカー世界一(8)

工学院大学ソーラーチーム

工学院大学ソーラーチーム

工学院大学ソーラーチームにてエースドライバーを務める石川はるかです。2018年5月から始まったこの連載も、今回が最終章です。最終章では、私が学生生活をかけて取り組んできたソーラーチームでの日々を振り返りつつ、残る後輩たちへ、今年開催される世界大会に向けて応援メッセージを送ります!

私の原動力

両親の影響もあり、幼少期からモータースポーツが大好きでした。とはいえ、ソーラーカーを始めるまで自分がレースに出場するとは夢にも思っていませんでした。車の運転が好きだということを濱根監督に話したら「ドライバーをやってみないか」と機会をいただき、レースドライバーの世界へと足を踏み入れました。それから、ソーラーカーの基本とドライバーとしての運転技術、チームワーク、様々なことを必死で覚えました。

16年8月、ついに工学院大学ソーラーチームのドライバーとしてのデビュー戦がやってきました。秋田県で開催された国内最長のレースである、ワールドグリーンチャレンジです。このレースで私はいきなりエースドライバーを任されました。最高速は時速90キロほど、1周回あたり6つの加減速エリアがあり、高速走行から時速15キロまでスピードを一気に落とします。ハンドリングだけではなく、ラップタイムを崩さず、いかに加速と回生ブレーキをうまく使うかがドライバーの命題です。

ドライバーの責務と緊張,イメージトレーニング

初めてのレース経験とその緊張感はいまでもハッキリ覚えています。スタート直前まで何度もイメージトレーニングをして乗り越えてきました。

この年、大会は24年目を迎え、のべ1035台のソーラーカーが競い合いました。私たち工学院大学ソーラーチームは大会記録をたたき出し、見事に総合優勝しました。個人の記録でも、デビュー戦としては最高の滑り出しとなるチームドライバーの中で最多周回数を走行して、エースドライバーとしての役目を務めあげました。初めてレースカーに乗り、チームを優勝に導けたことを心からうれしく思いました。あの時、私にチャンスを与えていただいた監督、チームメンバーには今でも本当に感謝しています。なによりも、表彰台にたつ喜び、達成感は今でも忘れられません。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ