How to

カーゴパンツやデニムコート…ラフに着崩し遊ぶ 攻めのコンサバ流儀(下)

MEN’S EX

2019/3/20

MEN'S EX

馴染みの深いコンサバなモノだからこそ、色味や柄行きの変化が装いのスパイスとして新鮮味を加えてくれることもある。いい大人にふさわしい「攻めの逸品」は、伝統と格式を兼ね備えた信頼できる上質なブランドから選びたい。




〈 太めカーゴのゆるさと渋さで今どきラフな大人に 〉

ワーク調でミリタリーな色も多いカーゴパンツで、渋くカジュアルな装いを後押し。さらにパンツのトレンドでもある太めを選べば、より洒落感を増して見せられる。ニットスタイルなど休日のシンプルな装いをラフに今どきに着崩せる、良品カーゴを3選。

[ Wide Cargo Pants ]

■BERWICH/ベルウィッチ

渋色だが重すぎない

品のいいワイドシルエット

イタリアパンツのトレンドセッターである同ブランド。太ももから裾まで続くワイドシルエットで今どきの寛ぎ感を演出。ストレッチ入りのコットンリップストップ地の軽い生地感も、オリーブグリーンを重く見せない。 2万9000円(アマン)

ニット3万9000円/レンコントラント(エストネーション) シャツ2万7000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム) メガネ3万7000円/ジュリアス・タート・オプティカル(ザ・パークサイド・ルーム) 靴6万6000円/パラブーツ(パラブーツ青山店) 時計〈スタイリスト私物〉

■A VONTADE/ア ボンタージ

ワイドに不慣れでも

安心な微テーパード

ワイド初心者も穿きやすい、適度なゆったり感。加えて、ややテーパードを効かせることで、野暮ったさを回避した。リップストップ生地や膝のダーツなど、ミリタリームード満載。 2万円(ビームスF 新宿)

■NOYKU/ノイク

リラックスな中にも

足元はすっきりと

ヒップから太ももにかけてはゆったりと、膝下からはテーパードを効かせ、すっきりとしたシルエットに。ダーツや難燃素材プロバンの採用など、その機能性はアクティブな休日に重宝する。 2万4000円(にしのや)

Latest