カーゴパンツやデニムコート…ラフに着崩し遊ぶ攻めのコンサバ流儀(下)

MEN’S EX

2019/3/20

〈 タイドアップにデニムコートでミスマッチな遊び心を 〉

ビジネス定番のステンカラーやベルテッドといったコンサバなコートも、デニム生地になると印象は一変。Vゾーンから覗くタイドアップとデニムのミスマッチで、ウールコートの装いと異なる、遊び心あるビズスタイルに。また、着るほどに増す生地の味も着る人の個性を演出する。

[ Denim Coat ]

■TAGLIATORE/タリアトーレ

タイトなVゾーンも

窮屈にならず遊び心あり

クラシックとモダンさが両立する、トレンチテイストのラップコート。デニム地ならギャバジン地の堅実さとは打って変わり、遊び心が薫り立つ。鮮やかな色のシルクタイとのギャップが面白い。 8万2000円(トレメッツォ)

スーツ17万5000円/カナーリ(ザ ソブリンハウス) シャツ3万9000円/フィナモレ(アマン) タイ1万4000円/パオロ アルビザッティ(パオロ アルビザッティ)

■MACKINTOSH/マッキントッシュ

ステンカラーの名手が扱う

軽快ナイロン混デニム

日本製インディゴデニムは、ナイロンをブレンドすることで軽やかな風合いに。生地の豊かな表情は渋い色味のクラシックなタイとも相性が良い。メタルボタンがアクセントにも。 7万4000円(マッキントッシュ青山店)

スーツ12万円/タリアトーレ(トレメッツォ) シャツ4万3000円/フライ(バーニーズ ニューヨーク) タイ6500円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

※表示価格は税抜きです。

撮影/竹内一将(STUH)、若林武志、武蔵俊介 スタイリング/武内雅英(CODE)、四方章敬 ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE)、TOYO(bello) 文/秦 大輔、安岡将文、吉田 巌(十万馬力) 構成・文/小曽根広光、伊澤一臣

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年3月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
GIFT SPECIAL 2020
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram