WOMAN SMART

キャリア

挑戦に年は関係ない 世界で活躍する日本人女性が語る グローバル・ウーマン・リーダーズ・サミット

日経ウーマノミクス・プロジェクト

2019/2/26

討論する(左から)川和、吉田、イケムラの各氏

世界を舞台に活躍する女性リーダーの育成やダイバーシティ(人材の多様性)推進に向け、日本経済新聞社は1月28日、「グローバル・ウーマン・リーダーズ・サミット」を東京都内で開いた。国際社会での果敢な挑戦をテーマにしたパネルディスカッションでは、米欧を拠点に各界で活躍する日本の女性たちが登壇。半生と未来を語り合った。(本文敬称略)

パネリスト
資産運用会社CFO 川和 まり氏(米国在住)
金融のスペシャリストとして米国でキャリアを築いた後、夫と資産運用会社と金融ロボアドバイザーの会社を設立し現在に至る。3男2女の母
インテリアデザイナー 吉田 恵美氏(米国在住)
米の大手建築会社などを経て2005年に独立。「和の心」を生かした作品を得意とし、米の著名人ら幅広い顧客を持つ。受賞歴多数。2児の母
美術家 イケムラ レイコ氏(ドイツ在住)
欧州を拠点に活動し国際的に高い評価を得ている。1991~2015年ベルリン芸術大教授。4月1日まで都内の国立新美術館で大規模な個展を開催

司会 まずは現在の仕事についてうかがいたい。

川和まり氏

川和 Emotomyという会社で、金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックの技術を金融機関に提供。取引先の業務効率化やコスト低減などを支援している。

社名にある「tomy」とは古代ギリシャ語で何かを切り取るという意味だ。感情(emotion)を切り取って冷静に、資産形成や資産運用の判断をするツールを提供したいとの意味を込めて名づけた。「ロボアドバイザー」とは、ゲーム感覚で資産レベルや達成目標などを顧客に選んでもらい、そこから最適な投資戦略を自動的に算出し提案するサービスを指す。

司会 吉田さんは1994年に米アイオワ州立大芸術学部を卒業。現在はフリーの立場で高級住宅などのデザインを手がける。高額な物件が多いそうだが、具体的には。

吉田恵美氏

吉田 物件にもよるが、受注金額は1億~2億円がスタートで30億円程度の仕事も。そうした仕事を8~12件程度、抱えていることが多い。

司会 吉田さんは世界最大の住宅デザイン情報サイト「Houzz」が選ぶ「ベスト・オブ・ハウズ賞」を5年連続で受賞。一方、イケムラさんもドイツの現代アートの世界で最も権威があるとされるアウグスト・マッケ賞などを受賞し、現在はベルリンにスタジオを構えている。

イケムラ 今のスタジオ兼住居は、夫で建築家のフィリップ・フォン・マットと二人で計画してつくった。彼とは作品だけではなく、我々の生活を通じて、何かを一緒につくり上げていこうという関係だ。私はドローイング(線画)から始まり、80年代に絵画と彫刻、90年代は写真、最近は映像など多様なメディアを使って仕事をしている。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
「KY」なんてクソくらえ 自分を大事に 鈴木伶奈
日経DUAL
夢は海外移住 どこでも仕事可のフレキシブル夫婦
日経ARIA
遺影にも使える シニア写真館に親と一緒に行ってみ
日経doors
すぐ実践!「私らしく働く」ための4つのトレーニング
ALL CHANNEL