powered by 大人のレストランガイド

マーラー人気が止まらない しびれと辛さを楽しむ3店

アジアンビストロ パラパの「シーフード麻辣パエリア」 パエリアにしびれを利かせた
アジアンビストロ パラパの「シーフード麻辣パエリア」 パエリアにしびれを利かせた

昨夏以来、サンショウ(麻=マー)のしびれ感を楽しむ「マー活」がブームだ(「夏鍋、中華、担々麺にしびれる 『マー活』お薦め3店」参照)。この冬は、トウガラシ(辣=ラー)の刺激的な辛さを楽しむ「ラー活」を加えた「マー活&ラー活」がブームに拍車をかけている。今回は「マーラー」が楽しめる都内の飲食店を紹介する。

まずは東京・新宿の「アジアンビストロ パラパ」。フレンチのシェフが世界のスパイスやハーブを駆使した、独創的なエスニック料理を提供している。南国リゾートを思わせる開放的な空間で、デートや合コン、パーティー利用などで人気のレストランだ。

同店はアジアとヨーロッパの料理を融合させることに力を入れており、2019年1月から「シーフード麻辣パエリア」(レギュラーサイズ2980円、ハーフサイズ1580円、税別)を提供している。レギュラーサイズは4~6人前のビッグサイズで、パーティーシーンにお薦めのメニューだ。店の目玉商品として「直径40センチの特大パエリア」を提供しようと考え、パエリアにトレンドのマーラーを融合させてオリジナリティーを出した。

ベースはビタミンや鉄が豊富な五穀米を、海老やムール貝などの具材と一緒に炊き上げたシーフードパエリア。魚介のうまみが濃縮された風味豊かなパエリアに、インドネシアやマレーシアの料理に使われる酸味と辛みが特徴のサンバルソース、そしてしびれる辛さの花椒(ホアジャオ)をプラスし、独特の辛さを表現している。仕上げにパクチーとチリパウダー、レモンをトッピングし、爽やかな後味とエスニックのテイストをプラスした。

カマンベールチーズをからめて味の変化を楽しめる

店長の安藤覚さんは「花椒の辛味、シビレ感だけが印象に残らないよう、おいしさも追求しました」と話す。このパエリアは3つの味の変化を楽しむこともできる。パエリアの中にはカマンベールチーズが丸ごと1つ入り、とろりと溶けたチーズが辛さをマイルドにしてくれる。また、花椒とトウガラシの辛味成分が溶けだした「しびれオイル」をかければ、後からくるしびれ感がさらにアップ。別添えのチリパウダーやサンバルソースをかけて、辛さだけをアップすることも可能だ。

調理に時間がかかるため、「シーフード麻辣パエリア」は要予約だ。提供し始めてから「病みつきになる」と好評で、今後ナシゴレンやパッタイなど、ほかのメニューにもマーラーを取り入れる可能性もあるという。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド