MONO TRENDY

ヒットを狙え

スポーツ向け新補給食 コメ由来の素材で食感ずっしり

日経トレンディ

2019/3/10

「ライスピュレ」
日経トレンディ

注目の新製品をピックアップ、市場性や開発者の声などから、日経トレンディ記者が大胆に「ヒット予報」をする。今回取り上げたのは、米由来の新しいカロリー補給食品「ライスピュレ」だ。

◇  ◇  ◇

ミナト製薬「ライスピュレ」 
●実勢価格/1袋220円(税別) 
●カロリー/110kcal 
●原材料/デキストリン、砂糖、パラチノース、米、蜂蜜、還元水あめ、寒天、濃縮リンゴ果汁、酸味料、香料、着色料(紅花黄)、酸化防止剤 
●発売日/2019年2月3日 

青汁を中心とした健康食品の製造を行うミナト製薬が、新ジャンルのカロリー補給食品「ライスピュレ」を発売した。

原料に採用されたのは、米と水だけで作られた新食品素材の「ライスジュレ」だ。農業機械を販売するヤンマーのグループ会社・ヤンマーアグリイノベーションが、「米の付加価値向上と農家の安定的な収益の確保」(同社)を掲げ、17年12月に商品化。料理のつなぎやグルテンフリーのお好み焼きに使えたり、優れた保水性によってパンをしっとりさせられたりと、活用法はさまざま。増粘剤代わりにも利用できる。

■「米由来」と「食感」で訴求

ミナト製薬はカロリー補給食品の開発に当たって、日本人の食生活になじみ深い「米」に着目。「噛む」ことで分泌される唾液の消化作用も活用すべく、ただ飲み込むものではなく、しっかりと噛み応えがある食品を目指した。ライスジュレによって「米由来」と「食感」の両方を達成できたという。

袋から中身を指で押し出し、はみ出た部分を噛んで食べる。ういろうのような食感で、リンゴと蜂蜜の味わい
スプーンで押してみると、強い弾力を感じ、ゼリーのようにすぐ潰れることはなかった

実際に食べてみると、リンゴと蜂蜜の優しい甘さが感じられ、ういろうに近い食感。口にまとわりつくような粘り気もあった。弾力は強く、スプーンで押してみても沈み込まないほどだ。

まずはマラソンなどでの利用を見込んでスポーツ用品店などで販売するが、「手軽に栄養が取れるため、離乳食や介護食などへの活用も考えている」(ミナト製薬)といい、今後の展開にも期待だ。

「ライスピュレ」に使われている「ライスジュレ」。玄米か白米かを選べ、水の量で硬さもソフトかハードに分けられる
「ライスジュレ」は米と水だけで作られる
保水性に優れた粘りのある素材

ヒット予報
大手メーカーや有名ブランドがひしめくカロリー補給食市場では、まず認知度向上が課題に。ただ日本人の主食である米を前面に打ち出したことは、ニーズの高い層にエネルギー源としてのイメージを届けやすくするだろう。

[日経トレンディ2019年3月号の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL