powered by 大人のレストランガイド

ソムリエハウスで年間10万人が舌鼓 千葉・小泉酒造ぶらり日本酒蔵めぐり(9)

小泉酒造は全国新酒鑑評会で金賞受賞の常連だ
小泉酒造は全国新酒鑑評会で金賞受賞の常連だ

動物とふれあえるテーマパーク、マザー牧場(千葉県富津市)など房総の観光地へ、東京や横浜から向かう動線上に、小泉酒造はある。主銘柄は「東魁盛(とうかいざかり)」と「東魁」。こぢんまりとした酒蔵で、大半が直販なので、ラベルを目にしたことのある人は少ないかもしれない。しかし、過去10年の全国新酒鑑評会で8回の金賞受賞歴をもつ実力派だ。

大型観光バスが数台とめられる駐車場を通り抜けると、酒林をつるした建物に突き当たる。小泉酒造の売店、「ソムリエハウス 酒匠の館」だ。中に入ると、鑑評会などで得た表彰状やカップ、記念盾などが目に飛び込んでくる。試飲コーナーには20本ほどの4合(720ミリリットル)瓶(びん)が並び、自由に味見できる。

「酒匠の館」は20年前からこの建物で営業している

昨年、全国新酒鑑評会で金賞を受賞した「大吟醸 東魁盛」の試飲は有料だ(東魁盛の名入りおちょこ付きで500円)。売り場には房総ゆかりの銘を背負う瓶も並ぶ。「東魁 原酒 八犬伝」は滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』にちなみ、「東魁盛 純米吟醸 きみさらず」は房総が舞台となった日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛(おとたちばなひめ)の悲恋伝説が命名の下敷きとなっている。

小泉酒造が酒匠の館を開いたのは1996年。99年に今の建物に移転拡張した。蔵の13代目当主で杜氏(とうじ、醸造責任者)の小泉平蔵さんによると、年間10万人以上が来店するという。「造り手は常に理想の酒を追求します。でも、いい酒かどうか、決めるのは飲んでくれるお客様。酒匠の館は手応えを肌で感じられる場でもあるんです」

小泉酒造の「酒匠の館」試飲コーナーでは、醸造する銘柄のほとんどを試飲できる

酒匠の館には地の利がある。東京湾アクアライン経由で行くと東京都心から約1時間20分で着く。東京湾フェリーで久里浜港(神奈川県横須賀市)とつながる金谷港(千葉県富津市)も近い。車で15分あまりの距離にあるマザー牧場は年間延べ80万人以上が訪れる、千葉県南部有数の人気スポット。さらに南房総には海の幸やイチゴ狩りなど、四季を通じて観光資源がある。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド