日テレキャスター 30代から変える女友達との距離感

「とにかくノートに思いの丈を書きまくりましたね」と当時のノートを見せてくれた小西さん
「とにかくノートに思いの丈を書きまくりましたね」と当時のノートを見せてくれた小西さん

組織の中でがむしゃらに働いた経験も、プライベートの寂しさや仕事の行き詰まりに焦りを感じた経験もある、キャスター小西美穂さん。一つひとつ壁を乗り越えてきた実践的な方法は多くの共感を呼んでいます。書籍「小西美穂の七転び八起き」(小西美穂著、日経BP社刊)の読者4人と一緒に、「女友達との距離」について、小西さんと一緒に考えてみました。

【お悩み相談】「学生時代からの女友達との距離に悩んでいます」

【悩んでいる人】
神山さん(32歳・大学教員/独身)
30歳を過ぎてから、女友達との関係性の変化に戸惑うようになった。学生時代から仲が良かった友人が結婚・出産してから話がかみ合わないことが多くなり、寂しさを感じている。一方で、独身でキャリアを第一に考えるタイプの新たな友人とは交流が深まってきた。ライフステージが分岐する時期に、昔からの友人とこれからどう付き合っていくといいのか迷っている。


<ほかの参加者>
田中さん(28歳・不動産・広報/既婚・子どもあり)
仕事そのものは面白く、新設された部署での業務にやりがいも感じている。部署内のほぼすべての業務を担って成果も出しているつもりだが、上役の役員が「女より男を先に昇進」の考え方をするタイプで評価に反映されないことが不満。

広岡さん(42歳・印刷・営業/独身)
30代まで仕事に没頭し、気付けば40代。仕事以外の自分磨きの活動も始めようと、いろいろ挑戦中。仕事は自信を持って進められるけれど、プライベートではどこまで自分が相手を楽しませることができるのか、自信を持てないことも。自分を振り返るノート術をさらに生かす方法も知りたい。

清水さん(27歳・メーカー・SE/既婚・子どもなし)
やりたい仕事を求めて1年前に転職。しかし、その後に会社の体制が変わり、社内の雰囲気も暗転。新しい提案が通りにくい職場で、このままスキルアップができるのかもんもんとする日々。将来、子どもも欲しいので2度目の転職も早めに考えるべきか悩み中。

小西 皆さん、来ていただいてありがとうございます! 今日は本音で私もお答えしたいので、いつのまにか関西弁全開になるかもしれませんけど、許してくださいね(笑)。では早速、「女友達」のお悩みから始めましょうか。このお悩みを抱えていらっしゃるのは?

神山 私です。30歳を過ぎた頃から、それまでずっと仲良くしてきた学生時代の女友達と「お互いに見ている方向が違ってきちゃったな」と感じることが多くなったんです。私はまだ独身で、相手は結婚して子どももいるから興味関心に違いが出るのは、頭では分かるんです。

でも、せっかく仲が良かった友人なのに、今一番頑張っていることをシェアできないのが寂しいなぁってモヤモヤするんです。小西さんの書籍「小西美穂の七転び八起き」で書かれていた「ぬか床の関係」にいつかなれるかなぁと思いつつ……。

小西 本を読んでくださった方々の感想を聞いても、この女友達の関係については、すごく共感したという声が多いんですよ。だから、きっと多くの人が感じる変化なんでしょうね。恐らく神山さんのお友達も同じように思っているんじゃないかな。あ、隣の広岡さんもずいぶん深くうなずいていらっしゃる!

広岡 分かります。どこまで話していいのか、遠慮みたいな気持ちが生まれちゃいますよね。