グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

週末は家めしクッキング

週末レシピ 赤いエビチリ&白いエビマヨ、夢の競演

2019/1/12

プリプリ食感がたまらない 夢の競演、紅白エビ料理 赤いエビチリと白いエビマヨ

エビ好きさんが、中華レストランで注文する料理の代表格、「エビチリ」と「エビマヨ」。正確には、「エビのチリソースいため煮」と「エビのマヨネーズあえ」であるが、今や略称での呼び方が定番化しているだろう。

出来たて熱々のエビ料理を、自宅で食べられたら幸せこの上ない。どうせ同じエビ料理だ。途中までの工程も変わらない。同じフライパン1つで一度に2種類、赤いエビチリと白いエビマヨを作ってしまおう。色のコントラストも紅白とめでたく、なんともぜいたくではないか。

では、エビチリとエビマヨの両方の下準備に取りかかろう。

エビの下処理の材料
<下準備(A):材料>
無頭殻付きエビ 16~20尾 / 塩 適量 / 片栗粉 適量
<エビの下処理>
(1)エビの殻をむき、背ワタを取る
(2)塩でもみ、水で洗う。さらに片栗粉でもみ込み、水で洗い流す
(3)キッチンペーパーなどで、水気を拭き取る

背ワタを取るのが面倒なので、むきエビを使ってもよいかと質問をされたことがある。むきエビを使っても、やはり背ワタを取る作業は必要。ようじで背ワタを取るのはおっくうだが、殻をむいてから背割りにすれば簡単。しかし最近の無頭エビは、頭を外す際に、背ワタも取り除かれていることが多い。

なにより、殻付きエビはむきエビ以上のプリプリ食感がたまらない。高価なエビでなくてかまわないが、やや大ぶりで殻付きのエビを調達してほしい。

エビの下味の材料
<下準備(B):材料>
下準備(A)のエビ 全量 / 塩・コショウ 各少々 / 酒 大さじ2 / 卵白 1個 / 片栗粉 大さじ2 / サラダ油 大さじ1
<エビの下味>
(1)エビに塩、コショウ、酒、卵白を加え、軽く泡立つようにもみ込む
(2)片栗粉をエビに絡め、サラダ油で全体をコーティング。ラップをかけ冷蔵庫に入れる

下準備(A)でエビの水気をしっかりと拭き取らないと、下味がなじまないので注意。冷蔵庫に最低30分ほど入れた後、常温に置いておく。その間に、それぞれのソースを用意しておこう。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL