もう迷わない スーツ選び 正しいサイズ「基本のキ」

――では、スーツにおける正しいサイズを教えてください。まずポイントとなるのは……。

「何より、着丈!」

――選ぶ際の目安は。

「真っすぐに立って、手を伸ばす。指の第2関節あたりにあたる長さがいいでしょう。若いころにそう習ったものですが、今では知らない人が多いかもね」

ジャケットの丈は指の第2関節に合うくらいを目安にしよう

「次に袖の長さです。今は袖を詰めない人が多いのですが、ワイシャツがでる袖の長さにしないといけません。そして、シャツは1.5センチメートルは出るべきです。襟もワイシャツの襟が出ることが肝心です。ただ、シャツの襟はデザイン上、襟高になっているものなどがあるので、厳格な長さよりも、まず出すことを意識すればいいでしょう」

袖からシャツが1.5センチほどみえるのがよいとされる

――上着ではウエスト周りも気になります。だぼっとしていてもだらしなく、ちょうどよいバランスが難しそうです。

「ボタンを留めてみて、握り拳1つ入るのが胴回りの目安。あえて教科書的にいうとそうなります。握り拳1つ入るというと少々大きく感じるかもしれませんね。要は、すっとボタンがかかる程度にゆったりしているというのがいいのです。また、僕のように上着のボタンをいつも留めない人は、握り拳1つ入らなくてもいいでしょう」

「上着の胴回りは握り拳1つが入るくらい余裕があるのがルールです」

――こちらは、水原紳行さん(44)です。独立されて10年の司法書士で、元ラガーマン。現役時代の体重は90キログラムほど。現在は当時に比べて15キロ減だそうです。

「水原さんはスタイルが良く手が長いので、裾は第2関節よりもちょっと短めですが、非常にバランスがいいですね。みなさんにすすめるとしたら、このくらいの着丈がいいでしょうね。袖から出ているシャツは1センチほどとちょっと足りていません。シャツの袖がもう少し長く出てもいいでしょう」

水原紳行さんのスーツ姿はサイズ感がぴったり。ビジネススタイルのお手本だ。「ラグビーをやっていたころの名残で仕事着では紺のブレザーにグレーのパンツを合わせることが圧倒的に多いですね。人前に出るときにはスーツの出番。紺やグレーが中心で、無地のタイを合わせます。選手時代から体重が減って既製服が着られるようにはなりましたが、ジャケットは大丈夫でもパンツはきつい。このスーツは東京・世田谷のテーラーで作りました。セレクトショップのバーニーズにも出しているオリジナルブランドです」

「後ろを見てみましょう。肩幅がいいね。スーツは肩で着るというんです。首から肩、胸のあたりがきれいに見えるなら、美しい着こなしができていることになります。すっきりしたサイズにみえて、ほらね、握り拳1つが入る」

「スーツは肩で着ます。首、胸、肩がきれいに見えれば決まります」と話す石津祥介さん(左)と水原紳行さん
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019