異文化見せて世界一つに ネットフリックス戦略の神髄

日経エンタテインメント!

2018年11月8~9日にシンガポールで、ネットフリックスによるアジアの新作オリジナル作品のラインアップを紹介するイベント「See What's Next: Asia」が開催された。作品作りは監督・脚本家に任せて口出しをしない“クリエイティブフリーダム”はネットフリックスの大きな特徴で、優秀な人材を引きつける大きな要因だが、アジアにおいてもそれは同様。作品に多様性をもたらし、視聴者が「異文化を知る」機会を広げている。

ネットフリックスのアジア初のイベント「See What's Next: Asia」の登壇者。創業者兼CEOのリード・ヘイスティングス氏のほか『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のロビン・ライト氏らが参加。日本からはコンテンツアクイジション・アニメディレクターの沖浦泰斗氏が登壇した

ネットフリックスは現在、世界190カ国で約1億3000万人の有料メンバーに、幅広いジャンルのコンテンツを多言語で配信している。今回のイベントはアジア地域では初の開催となり、アジア11カ国から200人以上の報道関係者が参加した。

イベントには、創業者兼最高経営責任者(CEO)のリード・ヘイスティングス、コンテンツ最高責任者のテッド・サランドスほか、オリジナル作品に携わる出演者やクリエイターが多数登場。アジア発の新作17本に加えて、世界各国で人気のスペイン語圏が舞台のオリジナルシリーズ『ナルコス:メキシコ編』や、モーションキャプチャーを多用したオリジナル映画『モーグリ:ジャングルの伝説』ほか、既に発表されている注目作の最新情報を紹介した。

イベントを通して改めて実感したのは、インターネットが可能にしたSVOD(定額型ビデオ・オン・デマンド)によって、いかに世界中の人々が多様なコンテンツを共有し、異なる文化を知ることができるようになったのかということだ。冒頭のあいさつでもヘイスティングスは「ネットフリックスは世界を一つにしている」と語っていた。ネットフリックスはまさに今の時代のエンタテインメントにおいて欠かすことのできない視点=人種、宗教、文化など=における多様性を体現する存在でもあるといえるだろう。

特に、現在注視している市場であるインド発の新作だけでも幅の広さには目を見張るものがある。日本でも大ヒットしたインド映画『バーフバリ』シリーズの前日譚のドラマ化を筆頭に、時代も題材も多種多様だ。ゴーストハンターに憧れる若者のグループと1匹の犬の物語を描くドラマ『Typewriter(原題)』や、インドの小さな村の出身で大学を卒業し、スタートアップ企業ブームに魅了される3人の男性のブロマンスを描く『Upstarts(原題)』ほか映画に関しては8本もの新作が紹介された。多言語に加え、様々な宗教が存在する広大なインドの各地で行われているというロケーションなど、どんな新しいインドを見せてくれるのかと非常に興味をそそられるものがあった。

「本物のシーン」を伝えることを重視

コンテンツ最高責任者のテッド・サランドス氏

2日目にはサランドスとヘイスティングスが、それぞれに日本人記者向けの合同インタビューに応じた。「国ごとでユーザーのコンテンツの好みは異なるため、各地域の文化に適するコンテンツを各地域のクリエイターに投資する」のと同時に、地域のリアルを世界に広げていくためには「本物のシーン」を伝えることを重視していると語ったサランドス。

このコメントは、前日に行われた各作品のパネルで『ナルコス:メキシコ編』の俳優マイケル・ペーニャや、韓国の新作『キングダム』の俳優チュ・ジフンなどのパネリストたちが、「ステレオタイプではない自国の文化を世界に知ってもらいたい」と力強く訴えていたことにも重なる。

いみじくも取材中にサランドスが、ネットフリックスが12年に配信開始した初のオリジナルシリーズ『リリハマー』(ノルウェー放送協会との共同製作)を例に出したことは象徴的だったかもしれない。ノルウェーとの共同制作である本作は、雪景色から言語、現地の俳優の起用など、ノルウェーのリアルな日常を背景に米国人ギャングが突拍子もない事件を巻き起こす通好みな作品。「米国では、この作品の面白さについて一般的には理解が難しい部分もあった」とサランドスは言う。

しかし、そこから素早く多くを学び、13年には『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で、オンライン動画配信サービスのオリジナル作品としては初めてエミー賞を受賞するまでに急成長を遂げた。そしてエミー賞だけでなくアカデミー賞でも存在感を発揮しつつある現在でも、この初期の精神は変わっていないのである。