経営層・管理職の47%が「転職失敗」 その理由と対策経営者JP社長 井上和幸

経営層・管理職の約4割が「転職後に失敗したと感じたことがある」と回答。写真はイメージ=PIXTA
経営層・管理職の約4割が「転職後に失敗したと感じたことがある」と回答。写真はイメージ=PIXTA

経営者JP総研が12月3日に発表した「エグゼクティブの転職に関する意識調査」では、経営層や管理職の半数近い方が「転職して失敗した経験がある」という、衝撃的な回答を得ました。その理由は何なのでしょうか。また逆に、成功した人たちはどのような充足感を得ているのでしょう。40代、50代の方々が転職先を選ぶために不可欠なことを、調査データからひもといていきます。

転職でキャリアを築くエグゼクティブ

全体の転職経験比率(経営者JP総研「エグゼクティブの転職に関する意識調査」。2018年10月31日~11月14日、有効回答数167人。以下同じ)

まず、社長から課長までの経営層・管理職、自営業者による全回答者のうち、転職経験者が83.8%、未経験者は16.2%でした。これは全世代を対象とした一般的な調査の結果と比べて、転職経験者比率が非常に高いといえます。

エグゼクティブとして活躍している方々の8割が転職を絡めてキャリア形成し、現在マネジメント職に就いておられます。読者の皆さんは、まずこの事実をどう感じられるでしょうか。「そんなに多いんだね」「自分と一緒だ」など、それぞれの感想がおありかと思います。

では、8割の転職経験者は、これまで何回転職したことがあるのでしょうか。「1回」という回答が最も多く20.4%、続いて「3回」が18.0%。回答者の平均転職回数は、2.6回でした。

過去の転職経験回数

最初の転職は20代が41.3%、30代が27.5%で合わせて7割ほどを占め、2回目、3回目は多くが30代、40代でされています。社会人になって仕事を覚え、いくつか成果を出し、中堅になったところで最初の新天地にチャレンジ。次にミドルとして活躍する時期に、何らかの理由で2度目(3度目)の転職を経験する。そんなキャリアの歩み方がうかがえます。

転職して失敗46.8% 成功と失敗を分けるものは

転職後に失敗したと感じたことの有無

では、実際に転職で新たな企業に移り、どう思っているのでしょう。

衝撃的だったのが、経営層・管理職の46.8%が「転職後に失敗したと感じたことがある」と回答したこと。その主な理由は、「社風が合わなかった」(16.8%)、「一緒に働く人との相性が合わなかった」(13.2%)、「経営者との相性が合わなかった」(12.0%)と、カルチャーフィットでのミスマッチが上位の大半を占め、この問題の深刻さをうかがわせます。また、「入社前に伝えられたミッションと違う仕事を任された」と答えた方も13.2%いました。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧