powered by 大人のレストランガイド

週末レシピ 今が旬のサバのみそ煮、グラタンにも変身

サバのみそ煮アレンジ サバみそポテトグラタン

次は今人気の「サバみそ煮の缶詰」でも作ることができるアレンジレシピを2品紹介します。もちろん、前ページで作った寒サバのみそ煮を使ってもおいしく作れます。

1品目は、「サバみそポテトグラタン」

<作り方:1皿分>
(1)ジャガイモ2個は皮をむいて幅1センチにスライス。水に浸して水気を切り、耐熱皿にのせ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で4分加熱する
(2)グラタン用の器に(1)のジャガイモ、粗くほぐしたサバのみそ煮1切れ分(約100グラム)、ピザ用チーズを適量かけ、オーブントースターまたは魚焼きグリルで表面が色づくように焼く
(3)刻んだパセリを飾る

ジャガイモにサバのだしがからみ、みそとチーズの発酵食同士の組み合わせで絶妙な味わいに仕上がります。バケットなどのパン、赤ワインと一緒に食べても美味です。

2品目のアレンジレシピは、「サバみそキムチあえ」です。

<作り方:1皿分>
(1)市販のキムチ 70~80グラムを粗く刻む
(2)サバのみそ煮1切れ(約100グラム)を粗くほぐし、キムチとあえる
サバのみそ煮アレンジ サバみそキムチあえ

ただあえるだけと、調理はいたってシンプル。白いご飯にのせても、お酒のおつまみとしても合う一品です。こちらも発酵食品同士であるキムチとみそがうまくマッチし、うま味を高め合います。

サバは昔から私たちの生活に浸透してきた身近な食材なので、サバを使った言葉やことわざはいろいろあるようです。

・サバの生き腐れ(外見は新鮮でも、中は腐れ始めていること)

・サバ読み(年齢や体のサイズなどをごまかすこと)

・秋サバは嫁に食わすな(脂ののった秋サバはおいしいので嫁に食べさせるのはもったいない。「秋ナスは嫁に食わすな」と似た言葉。サバは足が早いので、鮮度の落ちたサバを嫁に食わすな、という意味もある)

サバはおいしい食材ですが、足が速い食材としても有名です。購入したら、早めに調理をして堪能しましょう。

(GreenCreate 料理研究家 橋本加名子)

大人のレストランガイド

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト