気骨のAI第一人者が「スーツ」を勝負服に選んだワケ東京大学大学院 特任准教授 松尾豊氏(上)

着用のスーツは「AZABU TAILOR」。綾織りのカバートクロスを用いた3ピースは一見クラシックだが、実は軽量で、ナチュラルストレッチやはっ水機能も備えた「テック」な側面も併せ持つ。艶やかな光沢感も、世界で活躍する男に相応しい。同生地を用いた3ピーススーツは7万2000円~〈オーダー価格〉/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)。 着用の時計は「GRAND SEIKO」ヘリテージコレクション「SBGJ201」。67万円(セイコーウオッチお客様相談室) シャツ1万9500円〈オーダー価格〉、チーフ2500円/以上麻布テーラー、タイ1万5000円/ブルーステラ(以上麻布テーラープレスルーム)
着用のスーツは「AZABU TAILOR」。綾織りのカバートクロスを用いた3ピースは一見クラシックだが、実は軽量で、ナチュラルストレッチやはっ水機能も備えた「テック」な側面も併せ持つ。艶やかな光沢感も、世界で活躍する男に相応しい。同生地を用いた3ピーススーツは7万2000円~〈オーダー価格〉/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)。 着用の時計は「GRAND SEIKO」ヘリテージコレクション「SBGJ201」。67万円(セイコーウオッチお客様相談室) シャツ1万9500円〈オーダー価格〉、チーフ2500円/以上麻布テーラー、タイ1万5000円/ブルーステラ(以上麻布テーラープレスルーム)

「チャレンジを纏(まと)う=スーツ」をコンセプトに、「挑戦し続ける人」を表彰する賞として、日本経済新聞社の「NIKKEI STYLE Men's Fashion」と世界文化社の「MEN'S EX」が共同で今年新設した「スーツ・オブ・ザ・イヤー」。そのイノベーション部門の受賞者、東京大学大学院の特任准教授、松尾豊氏は人工知能(AI)研究の第一人者。松尾氏に「チャレンジ」と「装い」について聞いた。

(下)AIが変える日本の未来とファッション>>




――スーツをよく着用されているそうですね。

「もともと人工知能の研究分野というのは、シリコンバレーのカルチャーみたいな感じでジーンズ、Tシャツといったようなカウンターカルチャー(対抗文化)系なんです。なので人工知能学会というのは服装を気にしない、というよりスーツで来ると怒られるような学会なんです。『何おまえスーツで来てるんだよ』みたいな。それはそれでリベラルな感じでいいのですが、私としてはむしろ『スーツを着たら怒られること自体がおかしい』『制服が逆になっただけじゃん』と。『カウンター・カウンターカルチャー』として、スーツを着ていたんです」

「もちろん学生のころはTシャツ、ジーンズが多かったのですが、大学院に入り、就職してという中で、徐々にスーツが増えていきました。『何か松尾君はいつもスーツだね』といわれることは多かったですね」

■そもそも「服装にはこだわらない」

「そもそもそんなにこだわりはないというか、カウンター・カウンターカルチャーなので、そもそも『服装にこだわらない』という意思表明なんですが、一方でスーツはそもそも人が格好よく見えるようにできているので、着ないと損ですよね」

「Tシャツ、ジーンズでカウンター性を発揮しなければならないということは、格好よく見えることを減らして自己主張しているわけですよね。普通ならスーツを着ても自己主張にはなりにくいはずなのですが、人工知能のコミュニティーはカウンターカルチャーがデフォルトなので、『スーツを着ることで自己主張できるなんて両得だな』と思ってスーツを着ていました」

SUITS OF THE YEAR 2019

「SUITS OF THE YEAR 2019」は、「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」と世界文化社「MEN’S EX」が共同で開催。 「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰するアワードです。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019