――フォリオの特徴を教えてください。

「一言でいうと新しいタイプのオンライン証券です。専門用語がたくさん並ぶ中で、3000以上ある銘柄を分析したり、投資先を選んだりするのは個人には難しい作業です。そこで、好きなテーマを選ぶだけで株式投資ができる『テーマ投資』のサービスを用意しました」

■生活にひも付いたテーマを設定

「『もっと生活に投資が根付いてほしい』と考え、人工知能(AI)やドローン(小型無人機)といった先端技術を題材にしたテーマだけでなく、自転車やコスプレ、寿司などといった生活にひも付いた約70のテーマを設定しています。それぞれのテーマは私たちが選んだ10社の株式で成り立っています」

「私たちの特徴の一つに、銘柄を選定するためのアルゴリズム(計算手法)を独自に開発したところがあります。テーマに関連する会社の業績などをみつつ、ファンダメンタルズのスコアを機械的に計算して、上位10社を選ぶようなかたちで銘柄を選定しています」

「およそ10万円から投資ができます。通常、国内株式の売買単位は100株なのですが、私たちのサービスでは1株から買えるので、10社を集めても10万円くらいから分散投資がはじめられます」

「購入手続きも簡単です。テーマを選んでカートに入れてパスワードを入力するだけ。ショッピング感覚で投資がはじめられます」

■日本人のパーセプションを変える

――どのような思いから起業したのですか。

「日本では投資は怪しいとか、怖いとかいった目で見られがちです。しかし、資産運用はこれからの時代、非常に重要な副業としての役割を果たすと思っています。ですので、こうした日本人のパーセプション(認識)を変え、国民の生活の中に投資を根付かせたいと考えました」

「ただ、ベンチャー1社で世の中を変えていくのは時間もかかるし、お金もかかる。そんな中で、今年1月にLINEとの資本業務提携を発表しました。10月からはスマートフォン(スマホ)の対話アプリ上でサービスを利用できるようになっています」

甲斐真一郎
1981年生まれ。2000年京都大学法学部入学後、1年半プロボクサーとして活動。ゴールドマン・サックス証券、バークレイズ証券を経て15年12月から現職。

聞き手/平片均也 撮影/筒井義昭

(下)世の中変える一歩をめざす ボクシングで精神力鍛える>>

「SUITS OF THE YEAR」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram