ギターのジャックに挿すだけ ワイヤレスで快適演奏

日経トレンディネット

エレキギターやベース、シンセサイザーなどをワイヤレス化できるBOSS「WL-20L」。実売価格は2万円弱
エレキギターやベース、シンセサイザーなどをワイヤレス化できるBOSS「WL-20L」。実売価格は2万円弱
日経トレンディネット

最近購入してかなり満足して幸せを感じているのが、楽器のシールドケーブルをワイヤレス化するBOSS「WL-20L」だ。どこがどう幸せだったのかをお届けしたい。

エレキベースやギターは、アンプとシールドケーブルで接続して音を出すのが一般的だ。しかしケーブルで接続していると、そこに足を引っかけて転んだはずみで楽器やアンプを破損したり、床をはうケーブルが汚れてベタベタになったり、ケーブルが届く範囲内でしか移動できなかったりと、いろいろ悲しい思いをすることになる。

長年にわたり何の疑問を抱くこともなくそうしてきたが、よくよく考えてみればヘッドフォンやマウスをはじめあらゆるものがワイヤレス化しつつあるこの時代、楽器もワイヤレス化すべきなのではないかと、ふと思った。

手軽に使える個人向けワイヤレスシステム

エレキ楽器をワイヤレスでPAシステムに接続する機器は古くからあり、ミュージシャンのライブ映像などで見かけることがある。そうしたプロ向けの機材は高価だが、個人向けの手ごろな製品もいくつかのメーカーから発売されている。価格は楽器側に取り付けるトランスミッターとアンプ側に取り付けるレシーバーのセットで1万円台半ばからといったところ。一般的にシールドケーブルは1メートルあたり1000~3000円ぐらいなので、5~7メートルのシールドケーブルを数本購入するぐらいのコストだ。

重くてかさばる楽器用のケーブル(上)の代りに楽器とアンプに取り付けて、ワイヤレス化できるアイテムだ

ただし、ワイヤレス化によって音が弾いてから遅れて出ないか(遅延、レイテンシー)、ケーブル接続時と音が変わってしまうのではないか、電波の混信で音が途切れたりしないか、といった心配もある。そうして迷っているときに発表され、コレだと思って予約して購入したのがBOSS(ローランド)の「WL-20L」だ。

BOSSは楽器用エフェクターなどでギターを弾く人にはおなじみの国内ブランドだが、選んだ理由はその安心感だけではなく、レイテンシーの低さや安定した接続ができるらしいことと、ワイヤレス接続のペアリングが簡単にできる仕組みやスマホのようにmicro USBで充電できるなど、扱いが簡単そうなところが気に入ったから。兄弟モデルとして「WL-20」「WL-50」もある。

「WL-20L」(左)と「WL-20」(右)の違いは、レシーバーの色とケーブル・トーン・シミュレーション機能の有無。その違いも試してみた

設定は超簡単

「WL-20L」は、トランスミッターがギターから受け取った音をデジタル化して、2.4GHz帯の電波を使ってレシーバーに送る仕組みだ。伝送範囲は見通しがいい場所で15mとなっている。ワイヤレス機器に必要なペアリング作業はとても簡単で、トランスミッターをレシーバーに挿し込んで10秒ほど待つだけ。ペアリングできたら、ケーブルの代わりとしてトランスミッターをギターに、レシーバーをアンプに挿し込めばいい。

トランスミッターをレシーバーに挿し込んでペアリングをする
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ケーブルから解放されて身軽に
MONO TRENDY連載記事一覧