MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

はきやすさ抜群 街歩きが楽しくなるアウトドアパンツ 秋の街着はスポーツ&アウトドアウエアで決まり

2018/11/5

動きやすく街ではいても違和感のないデザインを持つアウトドアブランドのパンツが増えている

ゴアテックスのアウターなど、アウトドアウエアは街着としても一般的に用いられるようになった。その傾向はさらに進み、最近はアウトドアブランドのパンツも人気上昇中。アウターと同様に、機能的で動きやすいことから注目を集めている。

「アウトドアウエアのパンツは、アウトドアフィールドでいかに快適に、機能的に着用できるかを追求し、素材を選び、デザインしています。そのはき心地のよさ、快適性の高さは、街着としても優れていたため、注目されるようになりました」と話すのは、ゴールドウインのザ・ノース・フェイスPR、鰐渕航氏。アウトドアブームのおかげで、その快適さに気づいた人が増えたことも人気となった理由のひとつだという。

アウトドア用のパンツと聞くと、太めのナイロンパンツを思い浮かべる人も多いだろう。しかし最近は細身の美脚シルエットが主流。特に街着として人気のあるパンツは、膝下(しっか)から細くなっていく「テーパードシルエット」で、ファッション性も高い。今回は、快適にはけて街でも活躍する、アウトドアパンツの注目作を3本紹介する。

■裏起毛で暖かく、動きやすい

ザ・ノース・フェイス「Doro Warm Pant」(1万5000円、税別※以下同)

「アルパインライトパンツ」を筆頭に、街でも使えるシルエットのアウトドアパンツを数多く用意するザ・ノース・フェイス。2018年秋冬の注目作は、新登場の「Doro Warm Pant」だ。

表地は、優れたはっ水性とストレッチ性を備え、コットンのような風合いを持つソロテックス素材。裏地にはトリコット編みの起毛生地を使い、保温性と肌触りのよさをプラスしている。

足さばきのよいテーパードシルエットで、立体的な作りのため動きやすいのも特徴。アースカラーなので、タウン向けトップスともコーディネートしやすい。はき心地がよく暖かいので、秋冬シーズンのタウンユースにも活躍する。静電気の発生を抑える静電ケア設計など、アウトドアブランドならではの機能性も見逃せない。

裏地に起毛素材を採用。冬に活躍する暖かいパンツだ

MONO TRENDY 新着記事

ALL CHANNEL