エンタメ!

それでも親子

タレント・野沢直子さん 「手に職の時代」が父の教え

2018/9/14

1963年東京都出身。ダウンタウンらと共演した深夜番組「夢で逢えたら」などでブレーク。91年、日本での芸能活動を休止して渡米。最近は「出稼ぎ芸人」を名乗り、帰国時にテレビにも出演。

 著名人が両親から学んだことや思い出などを語る「それでも親子」。今回はタレントの野沢直子さんだ。

 ――どんなお父さん。

 「競馬の予想屋で、結婚は私の母親を含め4回ほどしていて、私が11歳の時は失踪もし。そんなお父さんです。土日は家に帰ってこないことが多くて、年末年始はほぼいない。表向き、競馬関係の仕事だから、ということになっていましたが、実際は別宅に行っていました。母との間以外に、妹と弟が1人ずついます」

 「私が物心ついてから中学に入る頃までは、事業を起こしては借金を背負う、の繰り返し。朝鮮ニンジンの顆粒(かりゅう)を発明したという時も全く当たらず、家族で苦くてまずい売れ残りを飲まされ続けたこともあります。私が中学を卒業する頃、競馬の予想を伝える会員制の仕組みが当たったとかで、大きな一軒家に引っ越しました」

 ――笑えるエピソードも?

 「私が結婚後、父の会社の社員旅行でラスベガスに一家で呼ばれた時のこと。これで遊べと10万円くれたのですが、翌朝『1万円返してくれないか』と。聞けば前の晩、カジノで1000万円負けたとか。私は家のローン3千万円を組んでおり、驚きました。父のすごいところは1万円でほとんどを取り返してきたところ。一緒にいれば面白いんです」

 「『最近の日本のテレビはAKBばかり出てるぞ。直子がテレビに出られなくなっちゃうぞ』とすごく心配してくれたこともあって。私と全く競合していないことを、どう説明していいか困りました」

 ――学んだことは。

 「小学生の時に『女もこれからは結婚だけじゃない、手に職だ』と言われました。当時は何を言っているか分かりませんでしたが、経済的に自立しないと変な男につかまったときに離婚できないぞ、と。事業に失敗しても諦めない姿勢を見せるところも、実はすごい教育だったのかな。家族は迷惑でしたけどね」

 ――子育てへの影響は。

 「好きなことを見つけ、一生の仕事にするのが一番の幸せだと学んだので、子供にも言い聞かせています。異母妹も『子供には好きなことを見つけてほしい』と言っており、父から同じことが伝わったんじゃないでしょうか」

 ――3年前に亡くなった。

 「最後までけんかばかり。感謝の気持ちを持てたのは死ぬ3カ月ぐらい前、入院して弱っている姿を見てからですかね。死ぬとは思わず、弟と退院後の計画も話して帰米したら、3週間ぐらい後に容体が急変。最期はビデオ通話で呼び掛けました」

 「看護師の夫が『うちの病院は笑いながらおくるんだ』と言うので、ラスベガスのこととか、弟と面白かった話をむりやりして。最後に『ありがとう。手に職と言ってもらえたから、幸せな人生です』と言えました。うなずいたように見えました。聞こえていたと信じたいですね」

[日本経済新聞夕刊2018年9月11日付]

 これまでの記事はこちらからご覧ください。

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL