ローマ歌劇場来日 椿姫とマノン・レスコーの愛を知る

イタリアの名門オペラハウス、ローマ歌劇場が9月に日本公演を行う。ヴェルディ「椿姫」とプッチーニ「マノン・レスコー」の2演目で、原作はともにフランス恋愛小説の古典。それぞれ華やかな裏社交界と破天荒な冒険の中に、胸をかきむしられる愛の叫びを秘めた悲劇をどう演じるか。ラグジュアリーな舞台で浮き彫りになる愛の素晴らしさと残酷さ、尊さを知る機会だ。

200年近くも人々に語り継がれる女性がいる。王侯貴族や芸術家ではない。人を愛したことによって歴史に名をとどめるその女性は「高級娼婦(しょうふ)」。フランスの文豪アレクサンドル・デュマの非嫡出子デュマ・フィス(小デュマ)が1848年に発表した小説「椿姫」は、実在の女性マリ・デュプレシをモデルにした。小デュマは彼女と恋愛関係にあり、ピアニストで作曲家のリストも恋人だった。

イタリアオペラになったフランスの恋愛小説

彼女は幼少時に母を亡くし、10代で囲い者にさせられ、後にパリの裏社交界でもてはやされ、結核を患い23歳で早世した。富裕層だけを顧客にし、夜ごとの観劇では普段は白、1か月に数日は赤のツバキを身に付けてサインを送ったという。小デュマは彼女の思い出として「椿姫」を書いた。イタリアの作曲家ヴェルディはその演劇を見て感銘を受け、オペラを構想した。こうしてオペラ史上最も人気のあるヒロイン、ヴィオレッタが生まれた。

4年ぶり4度目となるローマ歌劇場の日本公演が「椿姫」と「マノン・レスコー」の組み合わせなのは意味深い。「椿姫」の原作にはアベ・プレヴォーの小説「マノン・レスコー」が何度も登場するからだ。「騎士」と呼ばれる青年デ・グリューと美貌の女性マノンとの熱愛の物語。青年はマノンの自由奔放な生き方に翻弄され、抜き差しならない事件に次々と巻き込まれ、最後に2人はアメリカの砂漠に行き着く。

「マノン・レスコー」は「椿姫」の原型といえる。その破滅的な愛の形は「ベティ・ブルー」のような現代のフランス映画にまで受け継がれている。そしてオペラではフランスの作曲家マスネの「マノン」に続き、イタリアのプッチーニが2人の渡米後の運命まで描いた「マノン・レスコー」を作曲し、1893年に初演された。

「椿姫」「マノン・レスコー」のオペラを存分に鑑賞するには、どんな解説書よりも2つの原作を読み返したほうがよさそうだ。3時間ほどの舞台では描き切れない人物の心理や背景、何よりも当時の社会で「高級娼婦」がいかに弱く悲しい存在だったかが分かる。ヴェルディが題名を「椿姫」から「ラ・トラヴィアータ(道を踏み外した女)」に変えて強調した理由もそこにあるだろう。

今回の「椿姫」は映画監督ソフィア・コッポラさんが演出、伊ファッション界の大御所ヴァレンティノ・ガラヴァーニ氏が衣装を担当した。ラグジュアリーでファッショナブルな舞台と評判だ。しかし物語の背景を知れば、豪華で洗練された演出の背後から、ヴィオレッタの悲劇性がより強いコントラストで迫ってくるはずだ。

エンタメ!連載記事一覧