『半分、青い。』に見るNHK朝ドラの男優起用術

日経エンタテインメント!

平均視聴率20%超えも珍しくないNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)。男優の起用にはどんな“法則”があるのか。ヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ、永野芽郁)を取り巻く面々にバラエティ豊かな男優を配置している『半分、青い。』の制作統括・勝田夏子氏(NHK制作局ドラマ番組部チーフ・プロデューサー)に聞いた。

朝ドラ人気を支えるのは、ヒロインを囲む男優たち。『半分、青い。』も魅力的な大人男優を起用している。高度成長期の終盤から現代を舞台に、鈴愛の成長を描く本作。鈴愛の人生に寄り添い続けるのが律(佐藤健)だ。勝田氏によると、佐藤は永野より先にキャスティングされたという。「佐藤さんクラスはどんどん仕事が決まってしまいます。そのため、先に押さえておく必要がありました」。

佐藤の起用には「ヒロインともども40代まで演じてもらう予定で、女優はメイクでいくらでも化けられます。特に永野さんはそういうタイプ。でも男優は難しい。ですから30歳前後で、高校生役ができる人、というのがキャストの条件でした」との理由もある。

勝田氏が本作の脚本を手掛ける北川悦吏子と組むのは初めて。北川からは当初、キャストを早く決めてほしい、とのリクエストがあった。「NHKのドラマは基本、脚本ありき。でも北川さんは、誰がそのセリフを言うのか分かったほうが、セリフをより生き生きとしたものにできます、とおっしゃいました。キャスティングは通常の朝ドラより早めに進めましたし、キャストがハマってからの脚本を読むと、確かにセリフに生きた感じが増している。脚本家の中には当て書きを希望される方もいますが、北川さんの脚本を読んで、その理由が腑に落ちました」。

当て書きならではの人物像

漫画家志望の鈴愛が上京してからは、人気マンガ家の秋風を演じた豊川悦司に注目が集まった。豊川と北川と言えば、大ヒット恋愛ドラマ『愛していると言ってくれ』(1995年)のコンビ。「豊川さんは朝ドラ初出演。北川さんの作品ということで朝ドラ出演がかないました。秋風は10代から30代女性のSNSでの反響も大きく、それ以外にも幼稚園児くらいの小さなお子さんが似顔絵を送ってきてくれました。それも何人も」。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
SNSが人気を“拡散”
エンタメ!連載記事一覧