永平寺へは、福井駅から「えちぜん鉄道」で永平寺口駅まで約25分、そこからバスで約10分です。福井駅から永平寺門前へ約30分で行くバス「永平寺ライナー」も出ていますが本数は限られるので、スケジュールに合わせて上手に使い分けるとよいでしょう。「福井フリーパス」を使えば、列車やバスが2日間乗り放題になります。

名前の由来は不明、ご当地グルメ「ボルガライス」

福井は食の宝庫でもあります。越前ガニなど海の幸はもちろんですが、意外な人気を誇るご当地グルメは見逃せません。

まず、全国的に有名になりつつあるソースカツ丼。カツ丼といえぱカツを卵でとじたものが一般的ですが、ソースだけがシンプルにかかったソースカツ丼は、福井のソウルフードともいえるメニューです。

(左)全国的に有名になりつつあるソースカツ丼、(右)ボルガライス(写真:福井県観光連盟)

越前市武生地区が発祥でありながら、名前の由来は不明という独特の洋食がボルガライス。オムライスの上にカツレツを乗せ、その上からデミグラスソースなどをかけたものでボリュームたっぷりです。福井市など県内の店ではそれぞれのオリジナルの味が楽しめます。

がっつり系が苦手なら、さっぱりと夏らしい越前おろしそばがあります。コシのある黒いそばに大根おろしや搾り汁をからめて食べるもの。これも店によって様々なオリジナルがあり、食べ比べも楽しいものです。

首都圏から福井へは、北陸新幹線で金沢へ行き、北陸本線の特急に乗り換えて約50分。空路は小松空港からJR福井駅へバスで約1時間。高速バスは、バスタ新宿を午後10時50分発なら翌朝8時45分に福井駅に到着です。

水津陽子
合同会社フォーティR&C代表。経営コンサルタント。地域資源を生かした観光や地域ブランドづくり、地域活性化・まちづくりに関する講演、コンサルティング、調査研究などを行う。