効果的な「筋トレ」のための3つのポイントシャツの似合う体をつくる(1)

2018/7/16

格好よくスーツやシャツを着こなすためには、それが似合う肉体も必要となります。シャツの似合う引き締まった体をつくるための、効果的なトレーニング方法をお教えします。鍛えるのは(1)広背筋(2)僧帽(そうぼう)筋(3)上腕三頭筋 の3つ。ただし、その前に、筋肉トレーニングの基礎を学びましょう。筋トレには3つのポイントがあります。呼吸、スピード、姿勢とバランス、です。それぞれ、注意すべき点は以下のとおりです。

《関連動画》
(2)「広背筋」を鍛えて、逆三角形の背中を手に入れろ
(3)「僧帽筋」を鍛えて、逞しい肩周りを手に入れろ
(4)「上腕三頭筋」を鍛えて、太く逞しい腕を手に入れろ

■呼吸
力を加えるときに息を吐き、緩めるときに吸うようにしてください。きつい時に息を吐くことで、筋肉への負荷を増すためです。

■スピード
ゆっくりとした動きが筋肉への負荷を増し、トレーニングの効率がアップします。

■姿勢とバランス
背筋を伸ばした正しい姿勢を心がけてください。誤ったフォームは筋肉のバランスを崩し、姿勢の悪化につながる恐れがあります。

◇   ◇   ◇

1セットの反復回数は、7割ほどの力で連続して行うことができる回数が目安です。これを1日2~3セット行い、中2日ほど休ませることで、筋肥大効果が見込めます。

筋肉の成長を促すホルモンの分泌量は、2~3セットのトレーニングでほぼ頭打ちとなります。また、過度な運動はケガを招く恐れもあります。このため、ひとつの部位につき、1日2~3セットの運動が最適といえます。

基本をおさえてトレーニングを重ねれば、姿勢も美しくなり、ワンランク上の着こなしへと近づけることでしょう。

監修:トータルボディーコーディネーター Lee
協力:メーカーズシャツ鎌倉、麻布テーラー、ジョセフ チーニー

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019