「広背筋」を鍛えて、逆三角形の背中を手に入れろシャツの似合う体をつくる(2)

2018/7/22

格好よくスーツやシャツを着こなすためには、それが似合う肉体も必要となります。シャツの似合う引き締まった体をつくるための、効果的なトレーニング方法をお教えします。鍛えるのは(1)広背筋(2)僧帽(そうぼう)筋(3)上腕三頭筋 の3つ。今回は、逆三角形の後ろ姿をつくる「広背筋」の鍛え方です。

《関連動画》
(1)効果的な「筋トレ」のための3つのポイント
(3)「僧帽筋」を鍛えて、逞しい肩周りを手に入れろ
(4)「上腕三頭筋」を鍛えて、太く逞しい腕を手に入れろ




広背筋は背中下部から、わきの下にかけ、逆三角形状に覆う筋肉で、上半身では最も大きな筋肉です。これを鍛えることで、上背部が広がり、逆三角形の背中を手に入れることができます。

(1) 床に仰向けになり、膝を立てる

(2) 胸を突き出すようにして体を押し上げる
上げたときに、へそと膝頭を一直線にするのがポイントです。

(1)~(2)を20回×3セット繰り返してください。

※無理のない範囲で行い、ケガ・事故に注意してください。回数は目安です。

腰を上げる動作によって、広背筋を直接刺激することができます。猫背にならない正しい姿勢を保つ力を養うことができます。

監修:トータルボディーコーディネーター Lee
協力:メーカーズシャツ鎌倉、麻布テーラー、ジョセフ チーニー

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019