WOMAN SMART

白河桃子 すごい働き方革命

仮想通貨で褒め合う? 営業女性の発明で前向き職場に 新日鉄住金ソリューションズ「チタン女子」(上)

2018/6/13

テレコムソリューション事業部営業第三部の田中麻優さん

田中 インフラ系の会社ならばどこも同じかと思いますが、システム開発の仕事は、あるべきものをあるべき状態に維持しなくてはならない。加点主義ではなく、減点主義に陥りがち。そんな職場でマイナスをゼロにするのではなく、もっと、その人の「いいところ」を伸ばすにはどうしたらいいのか。そのための手段がポジティブなフィードバックをすることと考えました。

今回のシステムを導入した結果、職場の雰囲気が良くなったと思う人は全体の87%。システムを利用した人の90%が「モチベーションが上がる」「成果につながる」と感じました。具体的な成果としては、新規顧客との接点を増やすタスクの達成率が前年同月比で65%向上。顧客訪問数は2倍になりました。

白河 褒め合う文化を醸成することにより、モチベーションも上がる。その結果、お客さんへの訪問回数を増やすことができたんですね。

白河 実証実験には、どれくらいの方が参加されたんですか。私は毎年このイベントの審査員をしていますが、評価のポイントに「巻き込み力」もありましたね。

熊野 全体で234人。そのうち200人くらいは営業職で、エンジニアや人事部にも協力してもらい、一緒にコインを送り合うような形で進めていきました。一部のお客さんとはメールでやりとりをさせてもらい、「今、こんな実験をやっています」と説明した上で、「コインをください」とお願いし、対面でもらうこともありました。

■恥ずかしがりの中高年男性に効果絶大

社会公共ソリューション事業部営業第二部エキスパートの佐々木公佳さん

佐々木公佳さん(以下敬称略) 実は、私、実証実験期間中に体調を崩してしまい、客先の打ち合わせに出られなかったことがあるんです。そのとき、上司を通じてお客様から「元気玉」をもらって励みになりました。

白河 社内にとどまらず、お客様も「コインを送ってみよう」となったわけですね。ほかにはどんな変化が?

田中 実は、私の上司はあまり褒めてくれない人だったので、個人的には上司に褒めてもらいたくてつくったシステムなんです。これを導入してから、上司にとっても褒めるハードルが下がったみたいです。

白河 日本の会社には褒める研修もあるほど、ハードルが高いことですよね。照れくさい、言わなくてもわかっているだろう、という感覚があったかもしれないですね。

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL