石津祥介のおしゃれ放談

ビジネスマンよ、「スーツに白スニーカー」を恐れるな

2018/6/16

紺ブレザーにボタンダウンシャツ、女性のヘアバンドをアスコットタイ代わりに首巻いた石津祥介さん。「紺ブレは冠婚葬祭なんでもいけますよね」

 1960年代に大ブームを巻き起こしたヴァンヂャケット、「VAN」。創業者、石津謙介さんは米国アイビーリーグの学生のスタイルをお手本に、時と場所と場合(TPO)で「男の服はこうあらねばならない」と提案した。謙介さんの長男でともにVANを引っ張った業界の重鎮、服飾評論家の石津祥介さん(83)はファッション情報が氾濫するいま、「間違ったメンズスタイルが気になって仕方ない」という。そこで、伝統とトレンドを知り尽くした祥介さんに、おしゃれの手ほどきをお願いした。

 今回のテーマは「スニーカー通勤、どうあるべきか」。回答は明快だ。「ビジネスマンよ、白スニーカーを恐れるな」

 関連記事:アイビーの象徴、ボタンダウンを味わい尽くそう




 ――通勤時のウオーキングなど健康のためのスニーカー通勤が奨励されて、百貨店でもずいぶんとスニーカーが目につくようになりました。

 「先日とある百貨店に行ったら紳士靴売り場ににわかにスニーカーが増えていたよ。だけど、ほしいものが全然ないの。スポーティーな安いものは皆無で、2万円以上する革製スニーカーばかり。色も黒と茶がほとんどでした。持ってみると僕の革靴よりも重いんだよ。なんのことはない、今までの革靴がスニーカーの形になっているだけでしたよ」

 ――ビジネスシューズの延長上ととらえて、黒や茶の革スニーカーなら男性は抵抗なく買ってくれると踏んでいるのでしょう。

 「『そのほうが売れるし、単価が高いから売り上げに貢献するだろう』との発想が間違い。だから百貨店のスニーカー提案はだめなんだ。今までのビジネススタイルに合わせる革靴の発想から抜け出して、スニーカーを選んでほしい。そもそもスニーカーは快適だから履くのです。重い革製でおとなしい色を選んでは本末転倒。軽快さもない。そもそも1万円以下のスニーカーで十分おしゃれにみせられるんです」

 ――となりますと、挑戦すべきは……。

 「いいかい。まずは白だ。白で目を引くのです」

ラコステのシアサッカーのジャケットにニットタイを合わせた。足元はコンバースでぴたり
Latest