MONO TRENDY

ヒットを狙え

見かけで選ぶ缶チューハイ 女性は「りらくす」が圧倒

日経クロストレンド

2018/5/23

今回、パッケージデザインを評価したストロング系缶チューハイ5本
日経クロストレンド

顧客が最も買いたくなるパッケージデザインはどれか。今回は、市場が急拡大している「ストロング系缶チューハイ」。サッポロビール「りらくす」(A)、宝酒造「タカラcanチューハイ<ドライ>」(B)、キリンビール「氷結ストロング」(C)、アサヒビール「もぎたて」(D)、サントリースピリッツ「-196℃ストロングゼロ」(E)のパッケージデザインを取り上げる。消費者、デザイナー、マーケター500人が選んだデザインは?

■男性の一番人気は「氷結ストロング」

5商品について、500人に対して「パッケージで選ぶならどれを購入したい?」(Q1)と聞いたところ、Aが32.2%と最も人気が高く、C26.4%、D18.0%、B12.4%、E11.0%と続いた。男性のみを見ると、C29.1%、A22.1%となり、1位と2位が入れ替わる。女性のみでは、Aが過半数に迫る48.5%の支持を得ており、女性からの圧倒的人気がAを全体のトップに押し上げていることが分かる。

Q1:パッケージで選ぶならどれを購入したい?(店頭にA~Eのパッケージが並んでいた場合、あなたが最も買いたいと思う商品を教えてください。価格と量は同じだと仮定します)

「パッケージから伝わるイメージ」(Q2)で、各商品が他と比べて高い評価を得た項目を中心に見ると、Aは「香りが良さそう」「おしゃれなイメージ」が各37.6%、Bは「高級感がある」が37.2%。Cは「親しみがある」が48.2%。Dは「果実感がありそう」が49.0%、「素材が良さそう」が47.8%。Eは「アルコール度数が高そう」が38.8%となった。

Q2:パッケージから伝わるイメージは?(以下のイメージに最も当てはまる商品を教えてください)

「通常のアルコール度数が8~9%の缶チューハイが100円だった場合、Q1で選んだ商品がいくらまでなら買うか」(Q3)と聞くと、Aが+10.0円、Bが+10.6円、Cが+11.3円、Dが+11.5円、Eが+12.7円となった。Q1で支持を集めたAやCではなく、EやDのデザインの価格寄与度が高いのは興味深い。コアな支持層がいることが分かる。

Q3:上乗せして払ってもよいと思う金額は?(通常のアルコール度数が8~9%の缶チューハイが100円だった場合、Q1であなたが選んだ商品がいくらまでなら買ってもいいと思いますか?)

「デザインの良いところ、悪いところ」(Q4)を聞いた結果を、ヒートマップに着目しながら見ていきたい。それぞれの商品の2つ並んだヒートマップのうち、暖色を示した左は「良い」コメント、寒色を示した右は「良くない」コメントが寄せられた箇所を示している。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
個店開拓の領域 QR決済事業者は3陣営に収れん?
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
コンビニを侵食 ドラッグストアは「小売りの王者」
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL